巣くうものシリーズ : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

【巣くうものシリーズ第8話】 コピーするモノ


また時間ができて、少し前にあった話をまとめたんで、気晴らしに投下。
去年の秋の話です。

H、コンパクトの件で懲りたのかと思ったら、懲りてない。
相変わらず『みえる』のを利用してちょいちょい稼いでるようで、
その奴の『小遣い稼ぎ』に関わる話。

いつもHはいらんことする、と奴の絡む話には常に不愉快
(でも他に“みえるひと”の知人がいないため縁切り困難)
のAが、文句より興味で根掘り葉掘り聞いてた、怖いよりは
珍しい(らしい)事例です。

【巣くうものシリーズ第7話】 呪いのコンパクト


前回書いた怨霊のカタマリ憑き男Iの件で知り合った、
俺の人生2人目の「おそらく本当にみえるひと」Hがらみの事件だ。

BがAに連絡して、会おうと言ったそうで。
思えば、学生時代からAはBを(というかBについてるモノを)
避け気味だったが、BはAを気に入ってたようだった。
去年から何だかんだでAがBと関わってるから、
このまま友達付き合いを復活したい(現在進行形)んじゃないかと思う。

Aは断る理由もなく、先の件で引け目があったのでOKしたものの、
Bと2人きりはどうしても気が進まず、俺を呼び出した次第だ。
引け目とは、怨霊塊憑男Iの家に熟睡中のBが連れ込まれた段階で
反対しなかったことだそうだ。
A曰く、前回は本当にとんでもなかったらしい。

「井戸の時は逃げたら済んだけど、あの時はHさんが逃げ道を塞いでたから…
 ドアが揺れ始めてからずっと、止めなきゃいけなかったんじゃないかって思って、
 もしBのアレが負けたらBはどうなるの?って凄く怖かった」

と。

【巣くうものシリーズ第6話】 融合霊


……8月に物凄いことがあったんで、纏めました。
以下、フェイク込みなんで辻褄が怪しいところもありますが、どうぞ。

最初の井戸の話のときに書いた大学時代の仲間内の男子C、
こいつから連絡があった。
Bが最近、時間が出来たのか懐かしくなったのか知らんが、
昔の友人にちょこちょこ連絡しててCも電話で話したそうだった。

……んで。
Bと話して昔の井戸の一件を思い出して、職場でネタにして喋ったそうです。
そしたら職場の女の子に呼び出され、
その子の知人の男(20代後半、俺らと同年代)に会ったと。

そいつの用件を纏めると、
「ヤバいものに憑かれてる知人が居る、坊さんも神主も霊能者もダメだった、
 そのBさんの力を借りたい。連絡を取って欲しい、詳しく教えて欲しい」
Cは井戸の一件しか知らない、つまりBの「ソレ」に守られた記憶しかないので、
気軽に受けあい、ついでに他にも良く知ってる奴が居ると俺とAを推薦したそうです。

【巣くうものシリーズ第5話】 指輪


実は学生時代の話はもう一つあり、それについて最近わかったことがあって
話がまとまったんで、投下させて下さい。
こっちは井戸の一件同様、俺の直接体験が入って来ます。

Bの学生時代の元彼Eの話は前に書いた。
Eは俺らの遊び仲間じゃなかったんで、井戸の一件には絡んでない。
Bとは卒業直前あたりで就職のことで行き違って別れたと聞いてる。
ひょっとしたら今も、Bを出入りしてるものの存在は知らないかもしれない。

【巣くうものシリーズ第4話】 花嫁衣装


・「みえるひと」な女友達Aの言では、Bの身体を出入りしている何か
 普通の霊と違うものがいる(寄生虫?居候?みたいな状態らしい)。
・B本人は気づいてないが、霊的なものは大抵それを避けるから、
 Bは心霊体験できない。
・とりあえず当時のAが知る限り、ソレはBを守っていた。
・ でもAが感じる気配では、とても善意の守護ではない。っていうか悪い感じらしい。
・ 強力な霊とBのナニかが戦うときにはB当人は爆睡するっぽい←Aの推測

AがB宅を訪問した時のことを、もう1つ話してくれた。
そっちは上手くまとめ切れなかったのもあり、時間がかかってしまった。
こっちも後味悪い話なんで、俺としては誰かにブチまけてスッキリしたい。
すまないが、お付き合い願います。

【巣くうものシリーズ第3話】 呪いの部屋


井戸の底のミニハウスと学生時代の女友達Bに住み着いてるモノの話を
書いたものです。
また続きの話が、しかも今度は新しく舞い込んで来ました。
以下、前スレと同じく状況説明(前スレのコピペで失礼)。

・「みえるひと」な女友達Aの言では、Bの身体を出入りしている何か
 普通の霊と違うものがいる(寄生虫?居候?みたいな状態らしい)。
・B本人は気づいてないが、霊的なものは大抵それを避けるから、
 Bは心霊体験できない。
・とりあえず当時のAが知る限り、ソレはBを守っていた。
・でもAが感じる気配では、とても善意の守護ではない。
 っていうか悪い感じらしい。
・ 強力な霊とBのナニかが戦うときにはB当人は爆睡するっぽい←Aの推測

何でも、Aが、もう1人学生時代の友人(Fとします)に誘われて、
二人でB宅を訪問してきたそうです。
「何か」が今もいるのか、そして何よりBの子供は普通なのかどうかが知りたかったと。
最も帰ってきた後の話を聞くと、
「……行くんじゃなかった……」と言ってましたが。

【巣くうものシリーズ第2話】 原発のような彼女


・「みえるひと」な女友達Aの言では、Bの身体を出入りしている何か
 普通の霊と違うものがいる(寄生虫?居候?みたいな状態らしい)。
・B本人は気づいてないが、霊的なものは大抵それを避けるから、
 Bは心霊体験できない。
・とりあえず当時のAが知る限り、ソレはBを守っていた。
・でもAが感じる気配では、とても善意の守護ではない。っていうか悪い感じらしい。
・強力な霊とBのナニかが戦うときにはB当人は爆睡するっぽい←Aの推測

ここまでは前に書きました。それを前提として、
当時、女友達Bの元彼氏(Eとします)に聞いた小話を思い出して投下。

【巣くうものシリーズ第1話】 巣くうもの


何年か前にあった怖い話を投下する。

そん時は俺は地方大学の学生で、同じ科の連中とグループでよく遊んでた。
たまに混ざる奴もいて、男4~6人で女4人。
一人暮らしの奴の部屋で集まって飲んでると、よく怪談したがる女の子がいた。
決まって嫌な顔する子も居て、Aとする。
こっちの子が俺とかなり仲良かった。

怪談好きな方をBとするが、Bも別に電波とかじゃなくて、
怪談も体験談はなくて、それこそこのスレで面白い話を仕込んできてんじゃないか、
みたいな怖い話をする子で、本当は幽霊とか信じてなさそうだった。

むしろAの方が「見えるんだ」と言ってて、AはいつもBを避けてる感じだった。
2人で遊ぶとかは絶対ないし、グループでも距離を開けたがってる雰囲気で、
俺とあと一人、Aの「見える」を聞いて信じてる奴(Cとする)は、
本当に霊感があったら遊びで怪談するなんて嫌なのかもしれない、と思ってた。


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク