2013年06月 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

襖の奥の錆びた槍


俺の実家、岩手県のとある地方なんだけどさ、毎年帰省するんだけどね。
よく田舎って「本家」みたいなのがあるのは分かるかな?

その一族の本家っていうかさ、要は親戚縁者を統括する家みたいなの。
血筋の出所って言えば適切かな。まぁそういうのがあるんだわ。

その本家はね、三百年くらい歴史があるその土地の権力血筋だったんだ。
あまり詳しくは書けないけど、立派な造りなんだよ。ボロっちいけどね。

誰もいない


この話を友達にしたら、米国の有名人の体験談を思い出したと言われました。
賑わっているはずの空港に行くと自分以外誰もいなかったという話らしいのですが、
友人は詳しく覚えていないというので、誰かわかる方いたら教えて下さい。

それで私の体験談ですが、2年前の出来事で当時は看護師をしていました。

今は派遣事務の仕事に就いていますが、
我ながらよくあの殺人的なシフトをこなしていたなと感心します。
17、8時間の拘束は当たり前の世界ですから。

ラフレシアに似たモノ


4~5年ほど前に、取引先の人から聞いた話。

その人が言うに、もうだいぶ前の出来事とのことだから、
少なくとも10年以上前のことと思われる。

インドネシアにA氏(話してくれた人)、B氏、C氏の3人で仕事に行った。
仕事といっても、半分は遊びを兼ねたような旅行だったらしい。

そんなわけなので、仕事が終わってから10日近い暇ができ、
最初の2~3日はのんびりと観光を楽しんでいた。
3人とも現地は初めてではないので、なんとなく退屈さを感じていたところ、
B氏が「ラフレシアを見てみないか?」と言い出した。

根絶やしの歌


本当の話です。というより、現在進行中なんですが・・・。

私は今まで幽霊どころか不思議なことすら体験したことがない人間なんですが、
最近どうもおかしなことが続いているのでカキコします。
長いので、嫌いな方はスルーして下さい。

【実話】良栄丸事件


俺が知ってる実話怪談で一番怖いヤツを・・・知ってる人は知ってるだろうが
あの海難事故『良栄丸事件』を・・・・・・

◆発見されたミイラ船

1927年10月31日、 カナダ西海岸バンクーバー島。
ワシントンのシアトル港への帰路についていたアメリカの貨物船
「マーガレット・ダラー」号は、行方不明になっていた小型漁船「良栄丸」を発見した。

犬鳴峠で待ち合わせ


犬鳴き峠をごぞんじですか?
作り話しようと思ってたらずっと忘れてた事を思い出しました。
正直あんまり恐くないです。というか実際の出来事はそんなもので、、。

当時学生だった私はAという友達とよく放課後に残っては
下らないダベリを繰り返してました。
部活なんか入ってなかったので。

まぁ、私もAも恐い話が好きなほうで、
よく恐い話を仕入れてきては楽しんでいました。
たまに女子も入ってきてキャーキャー言いながら
放課後の夕暮れの時を過ごしたものです。

地獄に落とすために


今から五年程前、俺が工房だったころの話をしますよ

俺の家は教会で、親父が牧師をやってる
まあ俺はそんな真面目にキリスト教を信じてたわけではないんだけど
でも、五年前にあれを経験してからは、
少し信心めいたものを持つようになったかもしれない、
そのきっかけになった出来事を、書くことにしますよ


大学での噂


俺が通ってる大学の有名な噂話。

うちの大学には妙なのが住み着いてる。
見た目は長身やせ型の20歳前後くらいの男で
顔は彫りの深い、沖縄系の濃い顔。(イケメンではない)

ただの学生だろ、と思うかもしれないが
なんとこいつ、この大学が出来たときから大学に住み着いているらしい。
(駅弁国立なので、60年くらい)

アシュラさん


今年の3月の終わりごろだったかな。俺はいつもの様に、
更新を楽しみにしながら洒落怖まとめサイトを見ていた。
その時、俺の叔父さん(オカルト好き)が家に遊びに来てて、
一緒になって「へぇ~こんな面白い話がたくさんあるんだ」と楽しく見ていた。
丁度、投票ランキングを見ていた時。

「ちょっと、とめて」

画面を下にスクロールさせる俺に、叔父さんが言った。

「この、リョウメンスクナっての開いてくれる?」

「幽霊はデジタル化されるのか?」という実験をしてみたら…


頭ぼーっとしながらでよければ聞いてくれ。
ただし、見た後で何か起こったとしても責任は取れないので勘弁

俺の地元は宮城の仙台なんだが、大学4年の頃に友達と面白半分で
「幽霊はデジタル化されるのか?」
という実験がしたくて、地元で有名な八木山橋にビデオ撮影にきた。

八木山橋についてはググってくれればわかると思うので、軽く説明させてもらうと

1.昔はつり橋で、自殺の名所だった
2.つり橋じゃなくなっても自殺者が後を絶たなかったので柵を作った
3.橋の下は竜の口という谷になっており、10年程前に閉鎖
(がけ崩れの危険があるためと好評してあるが、自殺した人の遺体が回収しきれずに多数あるためのとの噂も)

興味がある人はググってくれ。


ネトゲの怖い話『(´・ω・`)』


一年前の話。友人に誘われて某MMO(インターネットゲーム)を始めた。

それまでネトゲはおろかチャットも未経験だった私は、
たまたま大規模ギルドに拾ってもらい、
そこの古参プレイヤー数人にプレイやチャットの手ほどきを受けた。

私のキャラは皆の協力により順調に成長し、
いつも楽しくプレイすることができた。
皆いい人で、初心者だったというのもあってか
私はギルド内でかなり可愛いがられていたと思う。

ペタ…ペタ…と何かが…


G県H市のある村に、ある家族が住んでいた。

寝たきりで99歳にもなる祖父、その孫で5歳のA、そしてその両親。
昼間、両親は働きに出ている。

Aはとても好奇心旺盛で家の中を遊びまわっていた。
ある日、Aが何気なくふすまを開けると天井裏に通じる板が外れていた。
家の中にも飽きてきたAはしまってある布団をよじのぼり、そこに入った。

呪いの込もった悪魔の書で『悪魔』を呼んでみた結果


昔俺は横浜に住んでたんだけれども、俺が厨房の時の話。

親父が教会の神父やってたの。
神父にしては結構ざっくばらんな性格で、結構人気もあったんだ。
まぁ俺なんて信心深いほうじゃないし、一家の決まり事と言えば、
食事の前に軽く祈るくらい。んで割と平穏な日々が続いてた。

ある日、姉貴がアンティークショップでファッション雑誌くらいの大きさの、
古書を買ってきたんだ。
この姉貴が結構なオカルトマニアで、その手の物に目がないわけ。

生首が囁いたこと


中学の頃、体育会系の部活をしていました。

その日は他県での試合で部員達とマイクロバスにて遠征に出かけてました。
試合は何事もなく終わり、試合の反省会をしたり片付けをして帰路につきました。

途中、高速のインターにてトイレ・夕食休憩を挟んで順調に地元に帰っていました。
高速をおりて地元に続く県道を走り始めました。

【実在】未亡人が増築し続けた謎のお屋敷の話

ゾクゾクッとする怖い話ではないですが、気分転換にどうぞ。

アメリカのカリフォルニア州サンノゼには観光地となっている不思議な建物
があります。

その名は「ウィンチェスター・ミステリー・ハウス」

250px-Winchester_House_910px.jpg

このお屋敷は所有者のサラ・ウィンチェスターが亡くなるまで、
実に38年間もの間、24時間365日休まず建設工事がされていました。

巨大さと基本設計の無さでも有名なこのお屋敷は、
最初は8部屋だったお屋敷はまるで迷路のように増築されていき、最終的には

160の部屋
2000枚のドア
10000以上の窓
47の違うデザインの暖炉
40の階段
40の寝室
13の浴室
6つの金庫室

さらにはさらには…

地下のまる穴


これは17年前の高校3年の冬の出来事です。

あまりに多くの記憶が失われている中で、
この17年間、わずかに残った記憶を頼りに残し続けてきた
メモを読みながら書いたので、
細かい部分や会話などは勝手に補足や修正をしていますが、
できるだけ誇張はせずに書いていきます。

ヒグマに襲われる過程を綴った日記


北海道という土地は昔から「ヒグマ」という問題を抱えている。
本州の人間からすればピンとこないんだろうが、
北海道の山を歩き回る時は熊鈴は必須、
クマスプレーという武器(?)も重要なアイテム。

ヒグマはカナダなど外国の方が大量に生息しているイメージがあるが、
実は世界中どこを探しても、北海道ほど密集してヒグマが生息している土地はない。
これはあまり知られていないが、データ上の事実。
この話は、そんな北海道でアウトドア系大学サークルに所属する俺が、
同期の友人に聞いたもの。

もしも開けていたら…


さっきの事
マジ怖かったのでとりあえずここに書きます

私は今高1で小6の弟がいます
家はニ階建て一軒家
今、訳あって一階の和室で母と弟と3人で寝ています
母と弟は既に寝ていて、私も寝ようとして一旦布団に入りました

あの部屋は一体なんだったのだろう


実際に体験した話。

3年前の春、某不動産会社に営業で入社した。
入社して少ししたら店舗も決まったんだけど、
その土地のことを私はよく知らなくて配属決まって1か月くらいは
道と物件を覚えるためにもとにかく物件を回りまくって、
物件紹介に使う部屋の写真を撮りまくっていた。

【長編】リアル(後半)


【長編】リアル(前半)の続き~


アイツを再び目にしてからさらに4日が経った。

当たり前かも知れないが首は随分良くなり、まだ痕が残るとは言え明らかに体力は回復していた。
熱も下がり身体はもう問題が無かった。


【長編】リアル(前半)


何かに取り憑かれたり狙われたり付きまとわれたりしたら、
マジで洒落にならんことを最初に言っておく。

もう一つ俺の経験から言わせてもらうと、一度や二度のお祓いをすれば何とかなるって事はまず無い。
長い時間かけてゆっくり蝕まれるからね。
祓えないって事の方が多いみたいだな。

俺の場合は大体2年半位。
一応、断っておくと五体満足だし人並みに生活できてる。
ただ、残念ながら終わったかどうかって点は定かじゃない。

【実在】座ったら死ぬ!? 「呪いのイス」


5ODs95AITp5c36147QJLzvs7o1_250.jpg

世の中には座ったら死んでしまうイスがあるようで。

イギリスのヨークシャー州、サースク博物館に展示されている
その名も【ザ・バズビー・ストゥープ・チェア】

今も誰も座れないように天井からロープで吊り下げられて展示されています。

そして、そのイスの犠牲者はなんと61名…

「…良かった。」


私の卒業した小学校付近は戦争当時、空襲がひどかったらしく今でも防空壕の跡地や数年前も不発弾などが見つかったり、慰霊碑などが多く建てられている。

小学生の頃、部活が終わり、さぁ帰ろうとしている時に仲良しのAが『あ!給食着がない…もしかしたら教室かも…』と言った。

イジメの仕返し


気楽に読み飛ばしてくれ

よくあるイジメってやつ受けてたんだ
お陰で俺は先生から忘れ物が多いと怒鳴られたりビンタされたりな
体育から帰ったら着替えるまではあった宿題のノートがなくなってて
ありのままの説明を五限の古典の先生にいったら
嘘つき呼ばわりだからたまんないよ

俺を助けてくれたんじゃ…


いつもROMってばかりで実際に書き込んだりしないんで読みにくかったらスマン。

この前一人で夜2時ごろに風呂に入っていた時の事。

俺は風呂場に防水カバーに入れたiphoneを持ち込んで湯船に浸かりながら洒落怖を見るのが日課になっていたんだが、その日は風邪っぽくてなんかダルかったからさっさと上がろうと湯船から立ち上がって伸びをしながらふと浴槽の上の換気扇に目を向けると...

邪視


これは俺が14歳の時の話だ。冬休みに、N県にある叔父(と言ってもまだ当時30代)の別荘に遊びに行く事になった。

本当は彼女と行きたかったらしいが、最近別れたので俺を誘ったらしい。
小さい頃から仲良くしてもらっていたので、俺は喜んで遊びに行く事になった。

叔父も俺と同じ街に住んでおり、早朝に叔父が家まで車で迎えに来てくれて、そのまま車で出発した。

叔父は中々お洒落な人で、昔から色んな遊びやアウトドア、音楽、等等教えてもらっており、尊敬していた。

車で片道8時間はかかる長旅だったが、車内で話をしたり音楽を聞いたり、途中で休憩がてら寄り道したり、本当に楽しかった。

かんひも


「かんひも」について

僕の母の実家は、長野の山奥、信州新町ってとこから奥に入ってったとこなんですけど。

僕がまだ小学校3、4年だったかな?
その夏休みに、母の実家へ遊びに行ったんですよ。

そこは山と田んぼと畑しかなく、民家も数軒。
交通も、村営のバスが朝と夕方の2回しか通らないようなとこです。

そんな何もないとこ、例年だったら行かないんですが、その年に限って、仲のいい友達が家族旅行でいなくて、両親について行きました。

なんて言ってるの?


朝早くから失礼します。
あんまり怖くないかもしれませんが、私にとっては洒落にならない話だったので投下します。下手な文章なので少し長くなってます。ごめんなさい。

私は2年前までソープ嬢をしていて、その時在籍していた店『Y』での体験です。

スカートめくり


あんまり怖くないかもしれないけど
昔、叔父さんからきいた話です

叔父(以後、S治)が小3の時クラスにN谷さんという子がいた
N谷さんは掃除していない奴に進んで「ちょっと!」とか言いに行くクラスの委員長っぽい性格で女子の友達は多いけど、一部男子からはちょっと疎まれやすい感じの子だったらしい

夏の夜に


中2の頃に体験したことです。

俺はベッドで寝てる自分を部屋の天井当たりから見下ろしてて、枕元には着物を着た見ず知らずのおばあさんが立ってた。

しかもそのおばあさんの後ろにあるはずの部屋の壁がなくなってて、そこに無数のお墓がずらーっと並んで霊園みたいになってて、おばあさんは寝ている俺に向ってなぜかお辞儀をしてた。


NEXT≫
お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク