廊下がきしむ : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

廊下がきしむ


今住んでる実家は、小学生の頃に引っ越したマンション。築年数は30年近くだと思う。
私らが住む前に誰か住んでいたんだろうけど、20年近くはここに住んでる。

話は昔に遡るんだけど、小学6年生くらいの頃。
昼間、中学受験のために自室で勉強してた。
実家はそんなに広くなくて、玄関から入るとすぐ右手がトイレ、左手が私の部屋、
トイレの隣にお風呂、そしてドアを隔ててリビングがある。
このリビングに行くまでの廊下は少し軋んでて、人が歩くとギシギシ言う。
自室にいると、家族がトイレに行く時なんかにギシギシ言うのがよく聞こえる。

話は戻って、勉強してると、リビングの方から廊下がギシギシ言い出したのね。
誰か来たわ、と思ってると、またギシギシはリビングの方へ戻っていく。
あれ?と思ってると、またギシギシが来る。また戻っていく。
音はあまり速くなくて、普通より少し遅いくらいだった気がする。
数回それを繰り返して、自室のドアを開けてみると誰もいない。
リビングのドアが開いた音も聞こえなかったし、
すりガラスが付いてる自室のドアにも人影はなかった。
昼間だし、あまり怖いとは思わなかったし、これ一度きりだから忘れかけてた。

去年、私は数年ぶりに実家に戻ってきて、特に何事もなく過ごしてたんだけど。
数ヶ月前の夜中、眠れなくてトイレに行きたくなった私はベッドから起き上がった。
すると、リビングからお風呂場の手前の洗面所へ、ギシギシが鳴った。
うちは猫を飼ってて、たまに吐くので、その片付けを父親がやってるんかな、と思った。
ギシギシはまたリビングの方へ戻っていった。
じゃあトイレに行こうかな、と思い直すと、またギシギシが洗面所の方へ。
あれ?そう言えばリビングのドアが開く音を聞いてない。
ギシギシと何かの気配はするけど、水音もしない。
え、何これ…、と思ってると、小さく「ニャーン」と聞こえた。
あ、やっぱり父親か。猫も起きてるし。ドアは初めから開いてたんだろ。
ギシギシはリビングへ戻っていった。
そして自室のドアを開けて、トイレに行った。
何もいなかった。
リビングのドアは閉まっていた。

翌朝、父親に夜中何かやってた?と聞くと、寝てたとのこと。
でも、猫が鳴いたし!と言うと、いやー、猫も爆睡してたよ、って。
何だったんだろう。これも一度きりでした。



【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part300

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 冬屋さん 2013年12月29日 12:34:37

    家は階段がギシギシする・・・。
  2. 怖い名無しさん 2013年12月29日 23:39:37

    家は家族がギシギシしてる・・・
  3. >>怖い名無しさん 2013年12月30日 00:22:46

    大黒柱しっかりしろよ!
  4. 怖い名無しさん 2015年02月18日 10:29:57

    コメ欄で笑ってしもたwwww


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク