娘のお友達 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

娘のお友達


うちの娘が2才の頃、よく宙に目線を彷徨わせることがあった。

嫁さんと「赤ちゃんには見えるっていうよなw」なんて笑いながら
「なにが見えるの?」と問いかけると「お友達」と娘。
「お友達なん?お名前は?」と、まだ余裕で訊く俺と嫁さん。
娘は無言でまたじっと宙の一点をみつめると、すこしして「けいこさん」と答える。
テレビかなんかの影響かな?くらいにしか当時は思わず
娘には架空のお友達「けいこさん」がいるというのが嫁と俺の共通認識となった。

で半年程して家の事情で他県に引っ越すこととなり
娘もそのころにはあまり目線を宙に彷徨わせることもなく
俺も嫁も「けいこさん」のことなどすっかり忘れていた。

娘が3才になる頃、職場の飲み会に(嫁と俺は同じ職場)娘もつれて行った時のこと。
猫には幽霊が見えるという話題から、ふと「けいこさん」を思い出し皆にその話をした。

面白がったパートのおばさん連中がうちの娘に「けいこさんはまだ見えるの」と訊くと
「けいこさんはもうおらん」と娘
「どこ行きよったんw」とからかうように訊くおばさん。
だが娘がぽつりと語った「けいこさん」の話にその場は凍りついた。

娘いわく
引っ越しの時に前の家にけいこさんはおいてきた
いっしょにはこれなかった
けいこさんは家にいたけどほんとうは石でできた橋のしたにいる
おんなのひと
としはわかんない
けいこさんは橋の下でひとりぼっちだったから自分のところに来た

そこまで語った娘は急に不機嫌になり
その後の追求には「わからん」としか答えなくなった
若いパートの女の子が重くなった雰囲気を変えようとしたのか努めて明るい声で
「けいこさんみたいな人はもう見えんのん?」と娘に尋ねると
娘はじっと座敷の隅を見つめて指差し「○○○さん」と意味不明の名前を言った。
ますますその場は重くなり、飲み会は早々におひらきとなった。

この話をうちの母親にすると、母いわく
「うちの家系は女は「見る」家系なんだ、気をつけなさい」とのこと。
そういえば母親が写真を撮ると必ず何枚かは原因不明の光線カブリがあった。
妹が突然「誰かきた」と言い出し、外を見ても誰もいないのに
犬がけたたましく吠えることが時々あった。
家系なら仕方ないかとなんだか納得した。

娘も今は11才になり、おばけも虫も血も苦手な普通の小学生になってます。
当時のことは全く記憶にはないようです。




【引用元:
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part168

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年01月01日 22:00:35

    きっと「けいこさん」のお話の真相を語った時
    小さい子特有の可愛く無邪気な口調で話したんだろうなと思うと
    逆にゾクッと感が倍増しました
  2. 怖い名無しさん 2014年01月02日 21:51:40

    イマジナリーコンパニオンだったっけ?
    幼児が脳内で生み出す空想のお友達って。

    親に聞いた話だけど、俺も小さな頃は何かと話していたらしい。
    それは「のんのん様」っていうらしくて、家の天井隅を指差しては「のんのん様きたよー」とか口走ってたとか。

    なんで今は全く見えないのかと悔しく思う。
  3. 怖い名無しさん 2014年01月03日 02:44:59

    私も小学生の低学年のころ、「ナフさん」って女の人とお友だちだった。ナフさんは黒髪が長くて綺麗なお姉さんだったけど、ちょっと変わった、ひと昔前の女性のような格好をしてた。親に言ってもハイハイってあしらわれてたから、自分にしか見えないらしいと分かった。ナフさんは子供が大好きらしくて、会いにくる時は一緒に遊んでくれたりしてすごく可愛がってくれたから、私にしか見えなくても全然怖くなかった。それである日、ナフさんが近いうちにまたくるから、その時は私もナフさんの所に一緒に帰ろうねって言ってくれてすごく嬉しかったから母親にそれを言ったらそれまではナフさんの話に興味を持たなかった母の顔色が急に変わって、速攻で霊媒師さん(?)みたいな人の所へ連れて行かれてお祓いみたいのをされた。その霊媒師のほうがよっぽど怖かったのを覚えてるわw。そうしたらその日以来ナフさんが会いに来てくれなくなった。何回もナフさ〜んと心の中で呼びかけても二度と会えなかった。やっぱりナフさんは幽霊で、私を向こうに連れて行こうとしてたのかなと今になれば分かるけど、とにかく優しいお姉さんだったから怖くはないな。今頃どこで何をしているんだろう、ナフさん。成仏してくれていることを祈ります。
    長々とゴメン。
  4. 怖い名無しさん 2014年01月03日 07:47:55

    病院行こう
  5. 怖い名無しさん 2014年01月03日 22:51:17

    怖い話のまとめサイトに来ておいて「病院いけ」はさすがに下手くそすぎるだろ
  6. 怖い名無しさん 2014年02月04日 19:02:33

    コメ欄ののんのん様が気になる
    のんのんという名前はどこからきたのか

    自分の幼稚園が浄土宗系で、仏様(?)の事をのの様と呼ばされてた
  7. 怖い名無しさん 2014年08月18日 15:07:46

    のんのんはなむなむがなまったと聞いたことがある
  8. チーム大谷 2016年12月13日 00:58:02

    これは恐ろしい
  9. 怖い名無しさん 2017年06月14日 12:13:47

    私には具体的な霊の友達はいませんでした。
    しかも一人っ子で親が一般の子達とは遊ばせてくれなかったので人の間では本当のぼっちでした。
    しかし、親が昔から犬を集めるのが趣味だったようで沢山の犬達がおり、犬達が私の面倒をみてくれました。

    これらは周囲の大人から後々聞いたお話です。
    母親は心臓が悪く、父は忙しい仕事だったので私は部屋に沢山のおもちゃと共に室内犬の犬達と部屋に閉じ込められていました。

    その頃は、つかまり立ちがやっと出来る頃だったそうですが、そんな私が部屋を抜け出して庭にいつの間にかいて庭の大型犬達と遊んでいたそうです。

    不審に思った親はこっそり監視して驚いたそうですが、部屋の室内犬達が窓の鍵を開け、私のお尻に頭を付けて押し上げ、外の庭にいる大型犬が滑り台のような形になり、滑り降りた私を他の庭犬達が受け取り外に連れ出し遊んでいたそうです。

    不思議な縁ですがその後の私の人生にはずっと色々な犬達が入れ替わり側に居てくれました。
    これを書いている今も傍らで犬が寄り添って寝ています。
    無論、不信な霊でも何者でも近づいて来たら激しく怒って守ってくれます。
    イマジナリーフレンドはいませんでしたが犬達に感謝するに絶えません。



お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク