古書の表紙 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

古書の表紙


俺の叔父さんの話。

叔父さんは古書集めが趣味で、暇さえあると古本屋巡りに出かけていた。
とある古本屋で叔父さんは、アメリカ人がインディアンと戦ったときの記録を、
当時のアメリカ人が日記風に記した古書を見つけた。
オリジナルではなく、複製だったけど、その当時の年代に複製されたのは
間違いないらしくて、叔父さんは大枚はたいてそれを買った。
叔父さんは、その本を自分の部屋の書斎に大事にしまっておいた。

その日以来、なんとも寝付けない日が続いたと言う。
仕事から帰ってきて自分の部屋に入ると、すでに空気が重く、
悪夢もほぼ毎日見たと言う。
そんな日が数ヶ月続いて、別段体調は悪くないので
「部屋に何かあるんじゃないか」と叔父さんは思い、
知り合いの霊感が強い占い師に、家に来てもらった。

占い師(おばさん)は部屋に入るなり、
「アンタ、何てもん置いてるの!!」
と凄い剣幕で怒鳴ったと言う。その目線の先には、書斎。
つかつかと震える足取りで占い師は、書斎のガラス戸を開け、
例のインディアンとの戦いを記した古書を手に取り、こう言った。

「これ人間の皮膚よ!!皮で作ってるのよ!!表紙!!」

その日のうちに、その本は近所のお寺に預け、供養してもらったと言う。
それ以来、部屋の異様な空気も消え、悪夢も止んだと言う。
叔父さんは、話の最後に最後に俺にこう言った。
「叔父さんが買ったの(1巻)だし、あの本の続き、まだ古本屋に4冊あるんだよなぁ…」
都内の古本屋、とだけ記しておく。

その他にも「持っておくとあまり良くない本」が書斎に数冊あったらしく、
それは占い師のおばさんに引き取ってもらったそうです。



【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part96】


関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 名無しの怖い話 2014年01月03日 20:41:40

    さ、SANチェック…
  2. 怖い名無しさん 2014年01月04日 01:51:09

    1D6の損傷
  3. 怖い名無しさん 2014年01月05日 21:46:03

    その、持っておくとあまり良くない本って
    占い師が欲しい本だっただけかもなwww
    だって占い師『が』預かったんだろww
  4. 怖い名無しさん 2014年01月11日 20:29:59

    おぞましいですね
    しかもコメ欄見て更に怖かったです
    1番目と2番目の意味深なコメントが怖いです
    どう言う意味なんだろう…
  5. 怖い名無しさん 2014年01月19日 10:53:18

    大御所ホラーSFものにそういうのがあるんですよ
  6. 怖い名無しさん 2014年09月21日 00:05:13

    人皮装自体は不吉なものでも何でもなくってヨーロッパなんかで昔は身近な人がなくなるとよくやったものらしい
  7. 怖い名無しさん 2015年02月17日 00:21:38

    SAN値ピンチ!
  8. 怖い名無しさん 2017年06月14日 14:55:37

    私の所にも沢山の曰わく付きの品が入ります。
    しかし、そういう物に縁が出来る叔父様は相当な本好きなのでしょうね。
    私も本好きなので何か羨ましいですね。


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク