飴を買いに【古典怪談】 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

飴を買いに【古典怪談】


ある所に一軒の飴屋さんがあった。
夜、もう店じまいをしており、そろそろ寝るかという頃に、表戸を叩く音がした。
なんだなんだと店主が出ると、青白い顔をした若い女が立っている。
女はか細い声で「飴を一つ売って下さい……」と。
店主は怪しんだが、女が一文銭を出してきたので売ってやった。

翌日も、その翌日も、夜更けになるとあの青白い女が来て飴を買っていく。
それが6日も続き、店主は不審に思いながらも飴を売ってやった。

次の日、店主が事の次第を友人に話すと、
「それはただものではない。もし今夜も来たとして、銭を持ってくればよし。もしも銭を持ってこなかったら…人間ではないぞ」
「どういうことだ?」
「六文銭と言ってな、亡くなった時に三途の川の渡し銭として、銭を六文、棺桶に入れてやるのさ。それを持ってきたんじゃないか」

その夜、女が来た。
「今日はお金がないのですが、どうか飴を……」
と言う女に、店主は「いいでしょう」とお金をとらずに飴を渡し、
その後、そっと女の後をつけることにした。

女は暗い夜道を行き、墓地へと進んでいく。
ある墓の前まで行くと、すぅっと消えた。
店主が近づいてみると、まだ新しい墓のようだ。
「幽霊であったか、しかし何故化けて出たのか」
と思い、帰ろうとすると赤ん坊の泣き声がする。

なんとも妙に思えたが、女が消えた墓あたりから聞こえてくるようだ。
店主はその墓を掘り返してみて、驚いた。
そこには赤ん坊を抱えたあの女の亡骸があった。
赤ん坊は泣き止み飴を食べていた。

そういうことであったか……。
子を宿したまま女は亡くなり、埋葬されたが棺の中にて子を産んだ。
しかし自分は死んでいるので、赤ん坊が育てられない。
それで幽霊となり、夜な夜な飴を買っては子に与えていたのだ。

「三途の川の渡し賃が無くば、あの世に行けまい。それでも我が子を想うか」
店主は感心し、子どもを引き取ることにした。
「お前の代わりにちゃんと育ててやるから」と女の亡骸に話しかけると、
女の首が、がくりと垂れた。

その後、女は現れることはなく、
子は長じて立派なお坊さんになったという。



Kosodate_Yurei.jpg
画像出典:ウィキペディア「子育て幽霊」

「子育て幽霊」または「飴買い幽霊」とも。
落語では「幽霊飴」という演目になっています。
話の流れやオチなどに少し違いがありますが、多くの地域に伝承しているようです。

そういえば「日本昔ばなし」であったなぁと探してみたらYoutubeにありました。
記事とはまた一味違う「子育て幽霊」です。





関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. みほ 2014年03月27日 09:47:16

    有名な怪談ですよね、怖いけれども母親の子に対する想いが泣ける話です。好きな話です、アップありがとうございます。
  2. 怖い名無しさん 2014年03月27日 11:01:28

    京都の六道の辻付近にある老舗が伝承とともに幽霊子育飴売ってますよね。

    場所柄だけに真実味があって、当時?の味も堪能できるから怪談好きには中々いいスポットですよw

    各地に伝承しているなら、他の土地にも同じような飴屋があるのかもしれないですねぇ。もしあるなら、どの地方の幽霊が一番グルメだったか検証してみたいところですw
  3. 怖い名無しさん 2014年03月27日 15:56:00

    YouTubeも観ちゃいました(笑)
    子供の頃は怖いだけでしたが、今は良い話しだと感じます(泣)
  4. 怖い名無しさん 2014年03月27日 19:06:34

    土葬だったからあり得る話で、
    火葬の現代ならまた違う怖い話になりますよね。
  5. 山吹 2014年03月27日 19:51:35

    母性愛を感じますね。
    良い話です(;_;)
  6. 怖い名無しさん 2014年03月27日 20:27:49

    石川の金沢市にも同じ話しがあるね。
    石川県だけの話しかと思ってた~
  7. 怖い名無しさん 2014年03月28日 12:07:15

    こういうご出生の方って、高名な方になられることが多いイメージあるネ。
  8. 怖い名無しさん 2014年03月28日 12:40:03

    お母さん、もうちょっと美人に描いてあげればいいのに。
  9. 怖い名無しさん 2014年03月28日 13:53:41

    なかなか怖い実話が読める。(wikiより、「土葬」)
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%9F%E8%91%AC
  10. 怖い名無しさん 2014年03月28日 14:40:52

    京都の六波羅で実際に「幽霊子育飴」売ってるよ
    素朴な味でうまい
  11. あき 2014年03月29日 00:53:59

    自分の事よりも子を思うなんて
    母の愛って素晴らしけど
    同時に堪らなく切ないですね…

    コメントにある様に
    確か現在もこのお話のお店が実在してますよね?
    そのお店を紹介する時にこのお話も一緒に紹介してる番組を見た事ありました
     
  12. 軍艦大和 2014年04月02日 23:25:38

    母性愛を感じるはなしですね。
  13. 牛若丸河童太郎 2014年04月27日 09:51:53

    京都の幽霊飴の話しやないかい、今も買いにきはりますわ命日にな
  14. 怖い名無しさん 2015年02月09日 18:23:56

    同情しすぎてはいけないのかもしれないけど
    涙なしには聞けない話…。
  15. 怖い名無しさん 2015年03月01日 15:39:11

    京都のお話では、この赤ん坊は後の小野篁。
    やがて朝廷に参内するようになり、参議にまで登ります。
    彼には副業があり、閻魔大王が繁忙の折は夜な夜な井戸を伝って地獄へ行き、
    彼の代わりに亡者を裁いていたとか…w
    なお、この「地獄行きの井戸」は六波羅珍皇寺に現存してますw
    普段は公開されてないけど垣根越しに見えなくもない。
    珍皇寺には「迎えの鐘」もあり、撞くと、生前親しくしていた方とお会いできるそうです。
    ちなみに、蛸薬師に「送りの鐘」がありますが、これを撞かないと
  16. 怖い名無しさん 2016年02月06日 20:13:12

    つくばの頭白上人もこのパターン。
  17. チーム大谷 2017年05月29日 14:54:27

    その話好きだな


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク