正確なデッサン : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

正確なデッサン


大学時代の話。

風邪で高熱にうなされてたんだけど、
その日休むと美術の単位を落としてしまうので必死の思いで学校に行った。

その日は裸婦像のデッサンで、半ば朦朧としながらペンを走らせた。
で、だいぶ描きあがった頃、後ろから覗き込んだ教授が一言、

「お前、コリャなんだ。」

ハッとして見直してみれば、そこに描かれてるのは上から見下ろした姿の女性像。
やや見上げるこの位置からは描けるはずの無いアングル。
しかし自分では間違いなく目に見えてるものを写していたはずだった。
つまり何が言いたいかというと、

俺 は 半 分 逝 っ て い た 。

「幽体離脱してました。」
教授にはそれで納得していただきました。
当方美術評価はA。
決してデッサン狂いだったわけではなく
そんなレベルでもありませんでした。



【引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ part9


関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年01月19日 15:54:42

    納得すんのかw
  2. 怖い名無しさん 2014年01月19日 16:36:09

    スゲー!!人って、半分逝きかけてても死なねーもんなのw
  3. 怖い名無しさん 2014年01月20日 03:31:36

    ほぼ、逝きかけました
  4. 怖い名無しさん 2014年03月02日 22:05:17

    教授が柔軟性のある人でよかったナw


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク