鳩のお礼 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

鳩のお礼


あるところに、父母と娘二人の家があった。
姉妹のうち妹の方は後妻の子供で、姉娘は当然の如く母親に苛められていた。

ある日、父親が畑から帰ってきたときだった。
父親は鍬を畑に忘れてきたことに気がついた。
「おや、畑に鍬を忘れた。今からまた戻って取ってこよう」

それを聞いた心優しい姉娘は、
「父さんは疲れたろうから私が取ってくる。父さんは休んでいてください」
と言い、畑に走っていった。

畑に行くと、確かに鍬はあったものの、その鍬の柄に三匹の鳩が止まっていた。
姉娘は「鳩も疲れて眠るところなんだ。ごめんね」と言い、
どこかから止まり木を見つけてくると、一匹ずつ鍬の柄から降ろし、
その止まり木の方に止まらせてやると、鍬をかついで持って帰った。

鳩たちは姉娘の行いに感心し、「驚くほど優しい娘だ。何かお礼をしよう」と呟いた。

果たして姉娘が家に帰ると、後妻の母さんは驚いた。
「お前、その服はどうしたんだい」と訊かれて、姉娘も自分の身体を見て驚いた。
姉娘はいつの間にか立派な振袖を着ていたのだった。

「お前、人様のものを盗んできたのか」と問い詰める後妻の母親の言葉を、
姉娘は必死に否定した。

「盗んでねぇ。私はこれこれこうしてきたんだ」と事の仔細を話すと、
父親は「それはお前の行いに鳩が感心して、礼をしたんだ」と言い、姉娘を褒めた。

後妻の母親は姉娘を恨めしく思って、
父親に「明日も畑に鍬を忘れてきてくれ」と懇願した。
父親が言われたとおり鍬を忘れて帰ると、
継母は妹娘に「ほら、鍬を取ってきなさい」と送り出した。

妹娘が畑に行くと、昨日と同じように、鳩が三匹、鍬の柄に止まっていた。
それを見た妹娘は「畜生の癖に人の鍬に止まって休むなんて!」と怒り、
そこにあった木の棒を振り回して鳩を追い立て、鍬を持って帰った。

三匹の鳩は「なんとも意地悪な娘だ。『畜生の癖に』と言ったところを見ると、よっぽど畜生が好きらしい」と話し合った。

妹娘が帰ってくると、父母は大いに驚いた。
帰ってきた娘の顔は、キツネそのものの顔になっていた。
尻尾まで生えてしまった妹娘は、そのうち本当のキツネになってしまい、
どこかに逃げていってしまったという。



【引用元:俺が収拾した地元の民話を書いていってみる

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年02月24日 14:06:52

    シンデレラ的なお話かと思ったけど、違った
  2. 怖い名無しさん 2014年02月24日 15:20:46

    日本昔話みたいやね!
  3. 怖い名無しさん 2014年02月25日 22:14:04

    グリム童話の「ホレおばさん」の話を思い出してしまった…。凄く似てる訳ではないけどね。
  4. 怖い名無しさん 2014年08月08日 22:33:02

    愉快。愉快。
  5. 名無しの日本人 2014年08月09日 15:50:41

    やっぱ日本昔的なものは、道徳観を養われるね
    今の世代にも見せてあげたい


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク