いもうとの話 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

いもうとの話


俺の家にいもうとが居て、いもうとと言っても人間じゃなくて、
何か赤ん坊くらいの大きさがある、照る照る坊主みたいな奴だった。
下の方のスカートみたいな部分を丸く結んだ感じ。
まあつまり、『i』みたいな形の奴。
それを母親は「いもうと」と呼んでた。
俺がずっと小さい頃からそうだったから、
幼稚園の頃まで俺は『あれ』が妹なのだと思ってた。


幼稚園にいる他の子で「妹がいる」と話す奴が居ると、
あいつの家も『あれ』があるんだと思っていた。
俺の家の『いもうと』は、食卓に座ったり、ソファに腰掛けたり、家族として扱われているようだった。
食事時になると、母がそれを椅子の上に置いたりしてた。
そして、「いもうとが置いてある」みたいに俺が言うと、母はいつも怒った。
『座る』じゃないと駄目らしかった。

ある日。幼稚園で何かの拍子に、『妹』は普通『人間』だと知って、母に尋ねた。
「あれはいもうとじゃないよね?」みたいな風に。
そしたら母は猛烈に怒った。
「ふざけるな、何を言ってる。あれは絶対“わたしたちのいもうと”なんだ」と。
後から考えると変な言い方だった。『わたしたちの』

こっぴどく叱られた後、それでも懲りず父親に同じ質問をした。
そしたら今度は、普段元気な父が、何か言いたいが言えないみたいな顔になって、
何も言わずに部屋にこもり、丸一日出てこなかった。

小3の時に、父が死んで三日もしない内に、母親と一緒に近くの山へ車で行った。
見晴らしのいい崖みたいな所で車が止まった。
いつも『いもうと』は外出しなかったけど、この日だけは車に乗ってた。
母は車から『いもうと』を降ろし、「あんたはここに居なさい」と言う。
何をするのかと思ってたら、いもうとの首と胴体がくびれてる部分を、ばちんとハサミで切って、投げ捨ててしまった。
母はいつも『いもうと』を大切に扱ってたから驚いて、
「いいの?」と訊くと、「おとうさんが死んだから、もういいの」と言われた。

それから、母との間で『いもうと』の話は一切出なかった。
あれは一体何だったのか尋ねようとしたけど、先延ばしにしてたら去年母が死んだ。
この話、友人に話しても何が怖いのか訊かれる。俺自身は結構怖い。
何かの宗教とも思えないし…。何か解る人いない?いなさそうだけど。



【引用元:ほんのりと怖い話スレ その60

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 虎男 2014年02月27日 19:30:48

    親父が他所でつくった隠し子(女)の当てつけかな?
    で当人の親父が死んだから必要なくなって捨てたみたいな
  2. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2014年02月27日 20:28:17

    父親のせいで流産した
  3. 名無しさん@ニュース2ちゃん 2014年02月28日 11:30:14

    コケシって「子・消し」で間引いた子供のことでしょ?
    流産っていうより、そっちっぽい感じがする。
  4. 怖い名無しさん 2014年08月12日 03:59:08

    気になるよなぁ。事情知っていそうな親戚とかもいないのかな。
  5. 怖い名無しさん 2014年08月26日 20:42:12

    投げっぱなしはカンベンしてくれ
  6. 怖い名無しさん 2015年01月10日 09:59:33

    母は気がふれたフリをして父の気を引いていた?
  7. 怖い名無しさん 2016年03月13日 01:51:17

    お前なんか要らなかった
    男なんかほしくなかった
    娘がほしかったのに

    という親は相当たくさんいる、という事実

    私は息子可愛いだろうな、と思うから理解は不能だけど、子供をお人形ごっこみたいに扱いたがってるばかは結構多いよ
  8. 怖い名無しさん 2016年06月25日 15:56:45

    ↑本文読んでます?

    父親への当てつけか復讐かなぁ


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク