犬が鳴く山 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

犬が鳴く山


たぶん奈良時代。

山のふもとの村に猟で生計立ててた若者がいた。
若者は母親と2人で暮らしてたんだが、母親がその日ちょっと具合悪かった。
で、「よーし今日は大物狩って母ちゃんに元気になってもらうかー」って感じで張り切って家を出たのよ。

若者が狩りに行く時に、いつもお供に連れてく犬がいて、その日ももちろん連れてった。
で、山の奥の方に入ってくと犬が何かを発見したみたいで、
若者がそっちを見るとめっちゃ大きな鹿がいた。
若者は「こいつは上物だ、きっと母ちゃんも喜ぶぞ」って喜んで、
鹿に気付かれないようにそっと近づいていった。

もうちょっとで鹿に飛び掛かれる…そしたら手元のナタで…ってところで、
いきなり足元にいた犬が狂ったように吠え出した。
当然鳴き声に驚いた鹿は逃げる、それを見て若者ブチ切れ。
「お前のせいで獲物に逃げられたじゃねーか!」と、持ってたナタで犬の首を切った。
切られた勢いで宙を舞う犬の首。

でもよく考えてみると何かおかしい。
いくら勢いよくてもそんな遠くまで首が跳ぶものなのか、しかも変な方向に向かって。
そんな事考えてると犬の首が落ちた茂道から何かが出てきた。

蛇だった。
それもさっきの鹿なんか比べものにならんくらい巨大なやつがこっち睨んでる。
「あ、俺死んだ」って直感的に思った若者だけど、なんか大蛇の動きがおかしい。
よく見ると首だけになった犬が蛇の喉元に噛みついてる。

それで、若者は睨まれた時に腰抜かして動けなかったんだけど
蛇は犬に噛まれて、のたうちまわって若者に対しては何もできない状態。
しばらくすると大蛇がドシーンって音立てて地面に倒れて動かなくなった。
犬の首も蛇から外れて地面に落ちた。

若者は、自分を助けてくれようとした犬を、感情に任せて殺してしまった事を後悔して、
犬の首と体を持ち帰ってきちんと供養した。

「この言い伝えからあの山は犬鳴山と呼ばれるんじゃよ」
って俺の地元じゃ有名な話。




【引用元:
俺が収拾した地元の民話を書いていってみる

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年03月11日 13:21:39

    若者じゃなくてバカ者だろ
  2. 怖い名無しさん 2014年03月11日 13:27:53

    昔話なのにノリが現代風だからなんか緊張感ないなw
  3. 怖い名無しさん 2014年03月11日 14:09:17

    なんだこれ?かわいいワンコの首をはねるだとぉ!
  4. 怖い名無しさん 2014年03月11日 16:10:41

    そんな謂れがあったとは知らなんだ。
  5. 怖い名無しさん 2014年03月11日 19:35:04

    幾ら理由がまだ解らなかったとは言え
    首をはねる必要があったんだろうか…
    猟で生計立ててたと言う事で
    生き物の殺生に鈍感になってしまってたのかな?
    彼にとって殺生は生きる糧だったんだろうし
    結局書く言う私も
    お肉大好き人間ですし
    でもそこには必ず命があって綺麗事言えないんだけど
    でも何かが違うと思ってしまう(>_<;*)
    だって首切られてからも助けたんでしょ?悲しすぎる(*ノД`)
  6. 怖い名無しさん 2014年03月12日 08:46:13

    鉈(なた)って、蛇(へび)とヘンが違うだけなんだよネ。
    鹿ひも、「ヒ」が入ってるし、何かの隠喩的な話なのかもしれないと思ったり。

    しかし、いくら母ちゃんのためとはいえ、
    大事な猟の相棒の犬を、吠えたぐらいで首を切るとは、マザコンもいいところだこの男は。

    その後の狩りのことを考えても、そこで犬の首をはねれば次以降どうするという話にもなるし、
    感情に任せた経営を戒めるためのシンボルをつくったのかもしれんね、「犬鳴山」という。

    判断はできるだけ冷静に。
  7. 怖い名無しさん 2014年03月12日 08:47:49

    「鹿ひも」は、「鹿にも」ネ。(ミスタイプ)
  8. 怖い名無し 2014年03月12日 13:07:56

    救われねぇ話だな
  9. 怖い名無しさん 2014年03月13日 23:51:37

    本来は若者が犬を犠牲にして助かった実情があり
    罪悪感から人間に非がある話として残したのかもしれない
  10. 怖い名無しさん 2014年04月21日 13:38:06

    馬鹿な少年に、殺されてしまって、までも、忠実なワンちゃん、何だか、とっても、可哀想。。。現在にも、言える事は、下らない感情で、動物でも、人間でも、殺め足り、傷つけたり、した人間は、地位、名誉、お金、
    友達、家族、全て失え、地獄に堕ちろ。。。【天誅末殺】せよ。。。
  11. 怖い名無しさん 2014年04月21日 16:15:59

    確かに、主人公の身勝手さを責めるのも、もっともだと思います。

    でもこの話は、何か”山の怖さ”や”山の掟”を教えるような原型となる伝説があったようにも思えます。

    それと言うのも、これには類似の民話が幾つかあるようで、日本昔ばなしでも「松尾のせどさく」という話が、これとよく似ています。

    主人公の猟師は山で大イノシシを見つけますが、これを撃とうとすると、ことごとく愛犬が邪魔をする。怒った主人公は、愛犬を殺す。しかし、この大イノシシは山の主だったのだ。それに気づかず、主を撃った主人公は、主の祟りで死んでしまう。愛犬は、これに気づいて、警告のため邪魔していたのだった。

    山の主を狩ってはいけない。殺すと祟られるというお話でした。
  12. 怖い名無しさん 2014年04月21日 16:17:09

    確かに、主人公の身勝手さを責めるのも、もっともだと思います。

    でもこの話は、何か”山の怖さ”や”山の掟”を教えるような原型となる伝説があったようにも思えます。

    それと言うのも、これには類似の民話が幾つかあるようで、日本昔ばなしでも「松尾のせどさく」という話が、これとよく似ています。

    主人公の猟師は山で大イノシシを見つけますが、これを撃とうとすると、ことごとく愛犬が邪魔をする。怒った主人公は、愛犬を殺してしまう。しかし、この大イノシシは山の主だったのだ。それに気づかず、主を撃った主人公は、主の祟りで死んでしまう。愛犬は、これに気づいて、警告のため邪魔していたのだった。

    山の主を狩ってはいけない。撃つと祟られるというお話でした。
  13. 2014年04月23日 11:52:58

    犬は大事にしてね。
  14. 怖い名無しさん 2014年05月26日 18:23:13

    ↑気持ち悪すぎる
  15. 怖い名無しさん 2015年03月18日 10:52:11

    いくら獲物逃がしたからって
    いきなり飼い犬の首はねるって
    短気にもほどがあるだろ
    現代で言うすぐキレる若者が
    奈良時代にも居たってか?
  16. たろう 2015年05月31日 19:24:25

    先週、そこの山で滝に打たれてきたよ
  17. 俺の名前を言ってみろ 2015年06月15日 13:33:02

    俺高野山行くときいつもここ通ってるでツーリングにちょうどええやんけ
  18. 怖い名無しさん 2016年11月07日 12:34:01

    大阪の犬鳴きトンネルが心霊トンネルになった原因の話やね。福岡も似たような出来事で犬鳴き峠やろかな?犬鳴きトンネルも在るし…


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク