最後まで、寄り添いて : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

最後まで、寄り添いて


去年の夏です。雨の夜でした。
残業が長引いて、私は人通りもない帰り道を急いでいました。

近道の路地に入ると、年老いた風の男女二人連れが、
ゆっくりとこちら側へ向かってきました。
お爺さんが銀色の自転車を押し、その後ろからお婆さんがお爺さんに傘を差しかけて、
自分は少し濡れながら歩いています。
譲り合ってようやく傘同士がすれ違えるような狭い路地なので、
私は立ち止まって道を譲りました。

するとお爺さんが、「××病院はどこかいな」と私に尋ねてきました。
その町に長い私でしたが、心当たりの病院がありません。
困って後ろのお婆さんを見ると、片手を拝むように目の前にした後、
私が歩いて来た方を指差し、もう一度拝むように頭を下げました。

ああ、このお爺さんはきっと少し呆けているんだな。
そういえば、着ているものもパジャマみたいだし。
そう思って私は、お婆さんの指差すまま「あっちです」とお爺さんに告げました。

「おおきにな。あっちやな。ホンマに、オカンは何さらしとんのや。
オカンおらへんかったら、ワシ道全然分からへんがな。ホンマおおきに」

ブツブツ言いながらお爺さんは歩き出し、
お婆さんはまた私にお辞儀をしながら後に続きました。
きっと呆けてしまって、奥さんがついて来ている事にも気がつかないのだ。
何となく可哀想に思えて、何気なく振り返ってみると、
そこにはお婆さんしかいませんでした。
お爺さんも、自転車も、どう目を凝らしても見えないのです。

その路地は大きな工場の裏手で、どこにも隠れるところはありません。
雨の夜とは言え、シルバーの自転車とネルっぽいパジャマだけを着たお爺さんを、
見失うわけもありません。
お婆さんは傘を何も無い空間に差しかけて、
自分は肩を濡らしたままゆっくりと歩いていきます。
その姿が路地の角を曲がって見えなくなるまで、私は怖くて動けませんでした。

後から思い出すとおかしな話です。
消えたのがお婆さんだったら、まだ普通の幽霊話で済んだのに。




【引用元:
ほんのりと怖い話スレ、その10

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年03月10日 18:40:25

    不思議で意外な展開ですね( ̄□ ̄;*)
    私もお婆ちゃんが残して行った
    痴呆気味のお爺ちゃんを心配して見守ってるお話かと思いました
    痴呆気味で亡くなったお爺ちゃんは
    亡くなった事を理解出来なくて
    生前の様にお婆ちゃんの元に現れるのかな?
    大変そうだけどお婆ちゃんが笑顔で居たのなら
    タイトル通り最後まで添い遂げる覚悟で居るのかもですね
    ご自分の肩が濡れるのも構わずに
    お爺ちゃんに傘を傾けてあげてるお婆ちゃんの優しさが切ないρ(・・。*)
  2. オカルト君 2014年03月10日 18:52:07

    僕も似たような体験をしたことがあります。祖父が亡くなって倉庫の整理をしてると必ず何か出てきます。
    その度に温かみを感じます。
  3. チーム大谷 2017年09月18日 00:08:52

    どっちにしろ怖いわ!


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク