配達は、彼の性に合ってるみたい : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

配達は、彼の性に合ってるみたい


友人の話を…

バイトで知り合ったシンジとは同じ大学だったが、
バイト以外では顔を合わすことは無かった。
バイト経験0だった俺に「仕事をしているフリ」「上手なサボり方」を教えてくれた。
ようはチャランポランな人間だ。
バイト先は酒屋で仕事内容は店番兼、配達。

その日は珍しく客どころか電話一本鳴らない日だった。
「俺さー今月で大学やめちゃうんだよねー」
会話も無くなりかけたときシンジがいきなりそんな話をしだした。
シンジも俺もまだ1年、うちの大学は私大で入学費だってバカにならないのに理由が「だってここ田舎じゃん」の一言、変なヤツだと思っていたが本当に変なヤツだった。

更に話題もつき無言の時間が長引くと何やらきまづくなった俺は
「シンジってさ何で配達とかのバイトしかしないの?」どうでも良い事を聞いた。
シンジは今までいろんなバイトの経験談を語ってくれたが、引越屋、ピザ屋、クリーニング屋など、たいして時給が良くないここへ来た理由を聞いたときも「配達に行けるから」だった。

俺の質問にニヤ~っと笑うと「ど~しよっかな~いっちゃおっかな~、俺どうせ来週でここも辞めちゃうし」どうでもいい事を何故かじらされ、さらにどうでもよくなってしまったが、かまわずシンジは話し出した。

「俺さぁもうすぐ死ぬ人間が解るんだよ」

シンジのキャラがキャラなだけに信じられなかったが、
暇だったのでそのまま聞いてみた。
死ぬ10日前くらいから人の色が黒くなる。黒くなるといっても肌が日焼けするのとは違って、人間全体を彩度を落としたかのように暗くなる。
死期が近くなればなるほど黒くなって行くそうだ。
配達をしているといろいろな人に出会う。
すると黒い人間に会う確率が上がるからと言うのがバイトの理由だった。

俺は信じてはいないが「それで見つけたらどうすんの?助けてあげるの?」と聞くとバカにされた。「もうすぐ死ぬから気を付けて」と言ったところで確かに変人扱いされるだけだ。
「俺はね見届けたいの、そいつがどんな死に方するか。病気や老衰は予測が付くけど、若い元気なやつとかが黒いとちょー気になんじゃん。あっでも運命が変わるのかわかんないけど、たまに黒かったやつが急に黒くなくなったりはするよ。実験とかしてねーから俺もいまいちわかんねーけど」
シンジの話にポカンとしている間にバイトの時間は過ぎ、1日が終わった。

シフトが合わずシンジにはそれっきり会わなかったが、電話がかかって来た。
他愛のない世間話の後に「お前この間俺が言った事どうせ信じてねーだろ?証明ってわけじゃ無いけどスナック陣のマスターと伊藤の奥さん要チェックよ~、死んじゃった~らおせーてネ、それじゃ俺4日後には東京帰るから」
俺に死因を教えろと言う内容だった。
どちらもシンジが担当していたエリアの人達だ。

俺はまさかと思いながらも気になったのでシンジの配達エリアも担当することにした。
5日ほど経ったある日スナックのマスターが脳梗塞で倒れ、
次に俺が配達に行ったときには亡くなってしまった。
俺は急に恐くなってシンジに電話したが繋がらなかった。
その足で伊藤さん家に向かった。
配達は無かったがシンジの話だともう奥さんが死んでもおかしくない頃だったからだ。

いつものようにチャイムを鳴らし、奥さんを確認したら配達を間違えたと行って立ち去ろうと考えていた。すると出てきたのは普段家にいない旦那さん…奥さんは留守だった。次の配達のときも留守だった。
気になっていた俺は酒屋の店長に何気なく聞いてみるとご近所の噂では夫婦喧嘩が有名だったから奥さんは実家に帰ったんじゃないか?と言う噂しかわからなかった。

まるでタイミングを見計らった様にシンジからその夜電話があった。
俺はここ数日の事を話すと「そっかーマスター脳梗塞かぁ俺の予想では自殺だったんだけどなー、伊藤の奥さん庭にでも埋まってんじゃねーの」俺も一瞬考えた事をさらりと言われてしまった。

「今度こっち遊びに来いよ楽しーぞー、黒いのがいっぱいいるんだぜ」
伊藤さんの事があたまでぐるぐると回りシンジの話がまるで頭に入らなかった。
その後何を話したかも覚えていない。伊藤さん家の謎を火サスの様に探り出す勇気もない俺はさっさと酒屋を辞めてしまった。

この後もうシンジとは会うことも無いと思っていたが、大学2年になって仲良くなった霊感の強い中国人のせいで何度か危ない目にあい、取り憑かれたのでは?と思うたびに小心者の俺はシンジの元へ死相を見てもらいに行った事がある。



【引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ part38

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年03月13日 11:54:04

    シンジ氏は、意識して使ってはいないけれど、
    霊能を使うことで、他殺に関する情報が観える・・・・

    このエピソードは、よく言われる
    「霊能者が力を使えば、犯罪解決に役立つ」ということの限界に関する良い例。

    実際に伊藤さん宅で事件が起こっていたとする。

    まず、霊視ということに科学的根拠を見出さない現状ゆえ証拠になりにくい、
    逮捕状をとる、あるいは家宅捜索を行う許可が出ないという問題がひとつ。

    そして、こっちのほうが重要なのだけれど、
    それが組織的犯罪に関する事件である場合、霊視をした人物に対する恨み、
    仕事の邪魔をする存在である霊能者に対する攻撃がおこりうる危険性をはらむということ。

    視えたために「うんっ!」と、一瞬反応したばっかりに、
    ナーバスになっている犯人に、逆に必要以上に意識させてしまうということもありうる。

    視えることを邪魔だと思われることは、霊能者の命の危機に直結するわけです。

    そうであれば、
    申し訳ないけれど0.1パーセントの犯罪被害者の救済に霊能を使うのではなく、
    多くの一般の人々の霊的救済のために自身の命を使ったほうが良いと、判断するわけです。

    数人の無念を晴らして、短命で終えるより、
    少しでも生きながらえて、より多くの魂を救済し、世の中を良くするために働くという選択ですね


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク