鬼の造りしもの【長谷雄草紙】 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

鬼の造りしもの【長谷雄草紙】


中納言長谷雄卿は多岐にわたる学問や芸を修めた才人で、朝廷の要職に就いていた。

ある日の夕暮れの事。
宮中に向かう途中、恐ろしげな目つきをした見知らぬ男が近づいてきた。
「双六の名手である中納言様とぜひとも勝負をしてみたいと思いまして…」
中納言は怪しみながらも、「ほう、それは面白い。ではどこで打とうか」と返した。
「それでは我が家へ行きましょう」と男が言うので、
「いいだろう」と一人で男についてゆくと、朱雀門にたどり着いた。

勝負が始まり、男は「さて、何を賭けましょうか。私が負けたなら、姿形も気立ても絶対に満足なさる女を差しあげましょう。貴殿が負けたときはどうしますか」と言った。
「では私は持てる財産をすべて賭けよう」と答えると「よいでしょう」と男はうなずく。

双六勝負は、中納言が勝ち続けた。
しばらくのあいだ男は普通の人間の姿をしていたが、
負けが続くと、悔しさで取り乱し、恐ろしげな鬼の姿を現した。
中納言は恐ろしいと思いながらも、結局最後まで勝ち続けた。
勝負がつくと男は元の姿に戻り、「私の負けです…こんなはずではなかったのですが…しかし約束は約束です。間違いなく美女をお届けいたしましょう」と言って帰してくれた。

中納言は本当だろうかと思いながらも、女を迎える準備を整え心待ちにしていた。
夜更け頃、あの男が輝かんばかりの美女を連れてきて差し出した。
中納言は驚いた。まさに絶世の美女が目の前にいる。
「こ、この女をくれるというのか」と言うと、
「無論です。差しあげるからには、返していただく必要もありません。ただし一つだけ約束してください。今夜から百日経つまではこの者に触れてはいけません。もし約束を破れば、必ずや後悔するでしょう」と答えた。
中納言は「わかった。約束する」と言い、女を残して男を帰した。

夜が明けて女を見ると、
姿形も気立ても素晴らしい。
「この世にこんな女がいるのか」と最初は怪しんでいたが、時が経つにつれ愛しくなり、そばにいることが増え、片時も離れたくないと思うようになっていた。

こうして八十日ほど経った頃、
「もうかなり日数が経った。絶対に百日ということでもないだろう」と、
我慢が出来なくなり女を抱き寄せると、ひやりとする。
構わず掻き抱くと、女は水に濡れているようであった。
「これは一体どういうことだ……」
と思うやいなや、水音を立てながら女が崩れた。
なんと女は水になって流れ去ってしまったのだった!
中納言は驚き、嘆き、悔いに悔やんだが、元には戻らなかった。

しばらく苦悶の日々を送っていた中納言は、
ある日の夜更け、宮中からの帰りにあの男と出くわした。
男が牛車の前方から近づいてきた。
「よくも約束を破ってくれましたなぁ…信じていたのですがねぇ…残念」と言うと、
鬼の姿を現し、怒りの形相でこちらへ向かってきた。

男は朱雀門の鬼であった。


中納言はおののき、「北野天神、助けたまえ」と必死に祈ったところ、天から声がした。
「哀れな鬼よ。去るがよい」
猛々しい声が響き、鬼は逃げ出した。

中納言はとっさに叫んだ。
「私が悪かった!だからあの女を返してくれ!」

鬼は振り向き、叫ぶ。
「あれは、さまざまな死者の良いところを寄せ集めて人間として造りあげたのだ!百日が過ぎれば魂が定着し本物の人間になるはずであったものを、約束を破ったから溶け失せてしまったのだ!この愚か者め!」
鬼は嘲笑を残し、闇に消えた。

おしまい



Haseo-zoshi-1.jpg
絵巻物長谷雄草紙(鎌倉~南北朝時代頃の作との説)より。
平安時代の文人、紀長谷雄(きのはせお:845年生~912年没)のお話です。

ちなみに当時の双六という名称は、大陸から伝来したバックギャモンの和名として付けられたもので、現代のボードゲームとは異なります。


Haseo-zoshi-2.jpg
貴族といえど約束はちゃんと守らないとですね。
後の世で、西行法師も人を造ろうとしたそうですが、うまくいかなかったようです。
関連話:西行法師の反魂法【撰集抄】




関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年03月17日 00:07:54

    100日たってから渡せよと思うが、鬼も一矢報いたかったのか
  2. 怖い名無しさん 2014年03月17日 12:15:50

    人と共に百日過ごすと安定すると仮定すれば納得できるかと…

    いつの世も男は浅はかデスね
  3. 怖い名無しさん 2014年03月17日 13:47:27

    ・リアルな女ではなく、死者を寄せ集めてつくったものである
    ・手元に届けても、100日間は人間の女としての存在ではない

    以上2点は、本来なら契約する時点で挙げておかなければならい特約事項。

    「現金ではなく、3か月の手形で払います」みたいな話なので。
    勝ち負けが決まってから、後出しで「実は・・・・」みたいな話の仕方はビジネスでは不合格。

    そういう契約のトリックで人間をひっかけるんだろうけれど、こういう契約の仕方をするから、鬼は信用がなくなる。
  4. 怖い名無しさん 2014年03月17日 22:23:52

    鬼も人間を信用していないんだろうな
    もっとも、これは人間に対する教訓を含んだ話でもあるからなあ
    急いては事をし損じるよ、ってことだ
  5. 怖い名無しさん 2014年03月17日 22:48:22

    百日、長いわ。
  6. 怖い名無しさん 2014年03月18日 00:58:14

    長い
  7. 怖い名無しさん 2014年03月19日 09:18:28

    ※3の最期の一言で不覚にも笑ってもた
  8. 怖い名無しさん 2014年07月21日 01:37:22

    古典の翻訳は面白いね。
  9. 怖い名無しさん 2014年09月13日 14:22:35

    なんで約束破ったことに鬼が怒るんだ?
    信用が裏切られたからだろうけど、それで損するわけでもないし、負けた時の約束は守ったんだから、後は人間がミスってもザマァ見ろってだけじゃないか?
    信用を裏切られただけで怒る程、信頼関係築いてる間柄でもなく、返す必要もないモノをどうかしちゃっても関係ない気がするけど。

    あれか、苦労して作ったのに台無しにしたからイラっとしたのか
  10. ゆめぴりか 2017年02月18日 00:56:48

    「ぼくのかんがえたさいこうのびじょ」を壊された鬼が怒っても仕方ない。
    寝ずに一晩かけて作った自分とは性別の違うアバターを母さんにうっかり消されただけでも殺意ものなんだから、親族でもなく種族すら違う男に対して鬼がマジギレするのはむしろ当然だよ。


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク