ばーちゃんの貯金箱 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

ばーちゃんの貯金箱


小学生の頃、両親共働きでカギッ子だった俺は学校から帰ると
近所のおばーちゃんの家に入り浸っていた。

血縁者ではないが一人暮らしのばーちゃんは俺にとても良くしてくれたのを覚えている。
「ばーちゃんコレ見てや!新しいバイクやで」
当時仮面ライダーが大好きだった俺は人形や本を持ち込んでは
かっこよさをバーちゃんに語っていた。

「ヨシ君は本当にバイクが好きなんやねぇ」
「俺もな、大きくなったら仮面ライダーみたいなバイク乗るんや」
「あら、素敵ねぇそしたらおばーちゃん後ろに乗せてね」
「ええけど仮面ライダーのバイクはな、めちゃめちゃ高いんや。俺の父ちゃんも買えんって言っとったから俺がバイク買ったときにはばーちゃんもうおらんかもなー」

今思うと酷い事を言ったと思うがバーちゃんは優しく俺にこんな提案をしてきた。
「じゃあヨシ君が早くにバイクを買えるように貯金箱にお金を貯めて行きましょ。おばーちゃんも一緒に乗りたいから貯めるの手伝ってあげる」
そう言うとバーちゃんは古くさい干支の「丑」と書かれた牛の貯金箱を取り出して来た。

それからおれとバーちゃんは少しずつ小銭を貯める事になった。
ところが、それから暫くしておばーちゃんは息子夫婦と一緒に暮らす事になり、
俺の住む町からいなくなってしまったのだ。
ばーちゃんからもらった牛の貯金箱も子供の俺はすぐに使ってしまい、
そしてばーちゃんの存在すらもしだいに忘れていってしまった。
何年かして母伝いに老人ホームで亡くなった事を聞いたときも「ふーん」の一言だった。

時が経って俺が17のとき。
当時いろいろあって高校中退、非行に走り、悪い先輩達とつるむ様な絵に描いた不良になっていた俺はひょんな事から先輩のバイクを預かる事になった。
日々何かにむしゃくしゃしていた俺はそのバイクを荒い運転で乗り回し転倒…
俺自身のケガは軽かったがバイクはボコボコ。

地元でも有名な恐ろしい先輩だった為、俺は真っ青になり真剣に地元からバックレようかと考えていた。修理代を計算しても何十万もかかる。
俺は親の財布や弟のへそくりまで持ち出し金をかき集め、
明日は友人の家まで金を借りに行こうと考えながら眠りについた夜。
夢にバーちゃんがでてきた。
「あれがあるがいね、あれ使いまっし」と俺に言うのだ。
俺はアレと言うのが「丑」の貯金箱だとすぐに解ったが「あれは昔全部使ったんだ」と言ってもバーちゃんはニコニコ笑っているだけ。そんな夢を見た。

俺は明け方目を覚ますと、夢の内容が気になり貯金箱を探した。
何故か俺は10年近く前の貯金箱の在りかを知っていた。
自分で片づけた記憶なんて無いのに迷うことなく倉庫の棚の2段目のダンボールの奥深くから貯金箱を探し出せたのだ。

取り出して見て驚いた…
重いのだ…お金を入れる口から見えるほどギッシリとお金がつまっていた。
たしかに俺は昔この貯金箱を空にしたのに…この貯金箱の事は俺とバーちゃんしか知らないのに。
貯金箱の底を外して中を数えるとたった4万円分だった。
「へへ…たりねーじゃん…全然…」
夢に出てまで勧めたくせに全然足りなくてそんなオチに笑いながらも泣いた。
すごく胸がいっぱいになり、その足で先輩に土下座しに行きボコボコにされ病院送り、みんなにお金を返し退院したら働いて修理費を返すことになった。

入院中母にこの話をした。
「…でさ、4万しかねーの全然足りなくてさぁ、マジうけた」
感動劇みたいに話すのが気恥ずかしかった俺。
「足りたじゃない…充分…足りたのよ」
母の言葉がまた胸にじわっと広がった。



【引用元:不可解な体験、謎な話~enigma~ part37

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年03月13日 17:02:03

    不覚!感動した!
    ヨシ君、これからはばーちゃんの事を忘れずにまっとうに生きてほしいな。
  2. 怖い名無しさん 2014年03月13日 18:36:22

    まっし って金沢辺りの方言だっけ?
    おばあちゃん他界しても投稿者さんが愛おしかったんだね(感涙)
    お墓参りしてあげて!
  3. 怖い名無しさん 2014年03月13日 19:51:26

    おばあちゃん(。´Д⊂)
    お金云々だけではなくて
    バイクがグチャグチャになる程の事故で
    命持っていかれなかったのも
    おばあちゃんが守ってくれたからだと思うよ
  4. 怖い名無しさん 2014年03月14日 00:11:37

    顕界・幽界を超えて存在する、お祖母さんの深い深い愛念が ひしひしと伝わります。お陰様で、人生の修正も出来たのですね。大変感動しました。また、お母様の言葉…目頭が熱くなりました。
  5. 怖い名無しさん 2014年03月14日 09:53:55

    本人がお金を使ったあと、おばあちゃんがいなくなったあと、
    貯金箱にお金を貯めていたのはお母さんなんじゃないかな。

    そして(娘である)お母さんが、色々な思い出とともにたいせつに倉庫にしまっていた。

    母であるおばあちゃんがそれを知ってるはずはなかったのに、
    心配な息子の夢に出て、それを教えてくれたことにお母さんは驚いたしありがたく思った。

    なので、その心情は説明されていないのだけれど
    「足りたじゃない…充分…足りたのよ」というお母さんの言葉になる。

    言葉は金沢(石川県)の言葉ですね。
  6. 怖い名無しさん 2014年03月14日 11:01:28

    今読み返して気づいたけれど、
    おばあちゃんは、お母さんと血のつながりはないのか・・・・。

    でも、子どもを孫のようにかわいがってくれるおばあちゃんだから、
    お母さんも、お世話になることも多々あったのだろうし、親しくしていたんだろうし。

    おばあちゃんが息子の夢に出てくれ救ってくれたことに感謝したのでしょうネ。


  7. 怖い名無しさん 2014年03月14日 22:29:22

    とりあえず、スーツアクターになってなんとかライダーを今やっててくれたらおばあも喜ぶのかも。
  8. 怖い名無しさん 2014年03月24日 17:02:34

    ちゃんと働けよ
  9. あなたの知人 2015年03月30日 14:05:15

    何が足りたのかが冷静に考えるとよくわからんが、お母さんからすればその四万円こそが病院送りにされたものの致命傷を追わずに済ん大切な息子を救ってくれた、と感じたのかな…。創作だろうと実話だろうと、圭作だな! 不覚にも泣いた、全く予期せず泣かされた!


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク