記憶と現実 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

記憶と現実


僕は霊感が無いのですが、貴重な体験はあります。

小三の夏休み、友達と三人で釣りに出掛けた。
その帰り道、皆で自転車に乗りながらふざけていたらすごい音がした。
その音の方を見ると、トラックとスクーターが衝突していた。

こんな事もあるんだなって皆で騒ぎながら家に帰り、普段と変わらずに過した。

朝、目覚めると身体が麻痺しているみたいで頭痛がする。
起きたのは自分の部屋ではなく、病院だった。
トラックに轢かれたのはスクーターではなく自分だった。
2日間寝ていたそうだ。

事故の後遺症で歩く事は出来なくなったけど、死ななくてほんとによかった。
皆も気をつけてね!



【引用元:ほんのりと怖い話スレ その13


関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. ぬこっち 2014年03月13日 11:02:12

    ショックで脳内変換して、和らげたのかな?
    とにもかくにも生きていて良かった。
  2. 怖い名無しさん 2014年03月13日 13:13:09

    悲しい、トラック運転手が憎い、子供に気をつけろよ
  3. 怖い名無しさん 2014年03月13日 20:57:26

    運転する事を生業にしてる以上
    プロとして安全意識をより持たなくてはいけないし
    まぁプロに関わらず
    運転する人間は
    巨大な凶器を動かしてる訳だから
    注意に注意を重ねてハンドル握らなきゃいけないのは勿論の事だけど
    それを踏まえた上で
    投稿者さん自身が書いてるけど
    自転車に乗りながらふざけてたってあるね
    人対車だったら絶対人間の方が脆い訳だから
    当然大概の場合ドライバー側に責任の多くが行くよね
    ドライバーは常に車の破壊力の恐ろしさを意識する事が大切だし
    同時に歩行者や自転車の乗り手側も
    車の恐ろしさを意識しなければ
    実際問題事故は減らないと思う
    投稿者さんも警鐘を促してる様に


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク