【学校の怪談】僕の席に座っている子 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

【学校の怪談】僕の席に座っている子


小学校六年の二学期の途中に地方へ引っ越した。

転校をするのは初めてのことだった。
不安に思っていた僕に最初に話しかけてきたのは、T君というクラスのリーダー格らしき人で、いろいろと親切に面倒を見てくれたのだけど、他人の悪口を言ったり、〇〇とは話をしない方がいいよとか命令したりするので、正直少しうざいと思うようになっていた。

学校は家から歩いてすぐの所にあった。
前の学校は電車で一時間もかかる所だったので、早起きをする習慣がついていた。

転校して三日目くらいの朝、
家にいても何もすることがないので、かなり早目だけど登校することにした。
既に先生か職員の人が来ているらしく、門は開いていたけれど、校舎にはひと気が無かった。

当然一番乗りだと思って教室の扉を開けてみると、男の子が一人先に来ている。
僕は驚いて立ち止まった。
その男の子の座っているのが、僕の席なのだ。
自分の勘違いかと思って何度も確かめてみたのだけど、やっぱり間違いない。
「あのさ、そこ僕の席だと思うんだけど…」
遠慮がちにそう切り出すと、男の子はにっこり笑って「あっごめん」と言い、すぐに席をゆずった。
まだクラス全員の顔を憶えていなかったので、同じクラスの奴が席を間違えたのだろうと思い、そのことはすぐに忘れてしまった。

一週間くらい経って、また早起きをして学校へ出かけた。
教室の扉を開けると、この日もこの前の男の子が先に来ていた。
しかもまた僕の席に腰かけている。
この時には、この子が同じクラスの奴ではないとわかった。
「あのさ…」と声をかけると、この前と同じように「ごめんね」と言い残して教室を出て行く。
入る教室を間違えたのだろう、そそっかしい奴がいるもんだ。とそう思った。

それからまたしばらくして、早朝の誰もいない廊下を歩いて教室にたどりつくと、
やっぱり同じ男の子が僕の席に座っている。
今度はさすがに何か変だなと思った。
机の脇には、わりと目立つ色をした前の学校の校章入りの手提げかばんが掛けっぱなしにしてあったので、普通に考えて席を間違えるとは思えない。
それに教室を間違えたのなら自分の荷物を持っているはずなのに、男の子は手ぶらなのだ。

僕は男の子のすぐ近くに立って、わざと声を掛けずにいた。
男の子はことさら無視するという風ではなく、かといってこちらに気づいた素振りは見せずに、ただ居心地悪そうにじっとうつむいている。
とうとうしびれを切らして僕は声を掛けた。
男の子は悪いことをしている現場を見つけられたみたいな顔で席から滑り降り、
「ごめんね」と虫の鳴くような声で謝ると、教室から走り出て行った。

その日の休み時間に、
「朝学校に来たら何か変な奴がおれの席に座っていてさー」と話をした。
「それってどんな奴だった」
T君が尋ねた。
「えーと、背はかなり小さいほうで、何か弱そうな感じだった。おどおどしてるっていうか。髪の毛はわりと長めで、あと首のここのところに赤っぽいアザがあった。十円玉くらいの大きさの……」
ひいっというような悲鳴を、そばで聞いていた女子があげた。
T君が僕の胸のあたりを殴りつけた。
「お前なんだよ。ふざけんなよ。どうしてそんな嘘つくんだよ」
真っ青な顔でそう言うと、教室から出て行った。

僕が転校してくる三ヶ月ほど前に、N君という男の子が自分の住んでいるマンションから転落死した。
僕の机はもともとそのN君が使っていたものだったのだ。
僕が転校して来る前日までは、その上に花瓶が載っていたそうだ。
警察は事故死と判断したが、あれは自殺だったのではと生徒たちの間で噂になっていた。
N君がTを中心とするグループからひどいイジメを受けていたことは、みんなが知っていた。
四年生くらいからずっと続いていたらしい。
N君の死を担任が報告した時、
「やった。これであいつのうっとうしい顔を見なくてもすむ。すげーうれしー」
とTは言い放った……

僕が早朝の出来事を話したその日から、次第にTはクラスの中で孤立するようになっていった。
あの時のことがきっかけになったかどうかはわからない。
ただ単にみんなが大人になって、むやみに威張り散らしたり、陰口を叩いたりすることの低劣さに気づいたのかもしれない。
卒業式の頃には、Tはクラスの誰からも相手にされなくなっていた。

あれから僕は寝坊をするようになって、教室に一番乗りすることはなくなってしまったけれど、N君の姿は何度か目にした。
体育館の隅っこに立っていたり、校舎の窓から校庭を見下ろしたりしていた。
今考えると単なる見間違いかもと思わないでもないけど、その時は妙な確信があった。
ああ、またN君が来ているな、と。(僕のほかに同じような目撃者がたくさんいた)
退屈そうな、居心地の悪そうな様子だった。
小さな子供が、遊びの仲間に入りたいのに自分から言い出す勇気がなくて、
声を掛けてもらえるのをじっと待っている、とそんな風にも見えた。
恐いと思ったことは一度も無かった。




【引用元:
ほんのりと怖い話スレ、その4~~

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年03月13日 18:43:20

    せつないね。いじめはだめだよね、本当に。
  2. 怖い名無しさん 2014年03月13日 20:29:10

    切なくなった…まだやりたい事沢山あったんだろうね…
    私達人間の社会に
    イジメが無くなる事はもう不可能なのかな?
    娘の卒業式の日にクラス全員で一人ずつ席を立ち
    思い出やクラスメートへのメッセージを送った
    本当に仲が良く
    とにかく団結力の強い賑やかなクラスで
    イジメとかは全く無かった

    クラスにとても大人しい女の子が居て
    いつもは挨拶や返事をするのも顔を赤らめて
    頷く会釈するのが精一杯なくらい
    大人しい女の子だったらしいんだけど
    その子がその時に
    人見知りが激しい自分の性格を語り
    それでもみんな見放さないで毎日声を掛けてくれて
    本当は凄く嬉しかったのに
    それにちゃんと応える事が出来なくてごめんなさいと
    泣きながら何度も謝った後
    本当にありがとうと言って
    もっとみんなと沢山話たり
    仲良くしたかったと大泣きした
    生徒も先生も保護者もみんな号泣した
    その時の事を今思い出しています( ノД`)
    人付き合いや人見知りの子
    自分の気持ちを伝えたり行動する事が苦手な子
    願うだけではなくて
    そう言う子達がもっと生き易い世の中にしていかなければいけない…私達大人が!
  3. 名無し 2014年03月13日 21:19:45

    そしてTは立派なDQNになりましたとさ。
    Tが死んだ時は親族すらホッとしていたのが印象的でした

    ってオチ希望
  4. 節穴 2014年03月13日 23:27:55

    N君はね、我が身の死を通じて皆にイジメの無意味さ・残酷さを伝えたんですよ
    誰を恨むでもなく、死者の無念さを伝えて幼い精神を啓蒙したんですよ
    彼の死は無駄ではなく、地に落ちた一粒の麦だったんですよ
  5. 怖い名無しさん 2014年03月14日 10:14:52

    やさしい子だったんだろうな。

    首にちょっとしたアザがある、とか

    そういうことを「イジる」なんていう行為がきっかけになって、
    反抗しないなと思うと段々エスカレートしていって、悲しい犠牲者を生む。

    「イジる」というのは「イジめる」の略だと思う。
    「なんだよその髪型!」とか、「お前太りすぎだよ!」とか

    親しい間での軽いコミュニケーションなら笑って済ませることもあるけれど、
    反抗しない気の弱い子を見つけてイジり倒す、それを見て皆で笑う。さらにエスカレート・・・・

    イジめのリーダーって、「俺はいいことしてる」と思ってることが多いらしいです。
    みんなに迷惑をかけるやつを、俺がやっつけてやってるという風に思ってるらしいですよ。
    幼少期の愛情不足等による自己充足感、自己存在理由感の欠如が、弱い者を攻撃して自己を強いものとして目立たせようとする行為の原因になっているということを、精神科のドクターのご講演でお聞きしたことがあります。
  6. 怖い名無しさん 2014年03月14日 10:24:21

    悲しい犠牲者の方々のために祈るとともに皆の幸福を祈ります
  7. 怖い名無しさん 2014年03月14日 13:41:29

    そしてT君は自分が寺生まれであることを親にいわれ今は世間で寺生まれTさん・・・というの希望
  8. 怖い名無しさん 2014年03月14日 14:34:49

    罪もない人を一人、
    自ら命を絶つまで追い込んだ中心人物の末路は推して知るべし。
  9. 怖い名無しさん 2014年03月16日 01:02:36

    札幌市児童会館指導員で虐められる方が悪い、常日頃言っていた人が
    他の指導員全員を巻き込んでクビになったのは30年程前
  10. 怖い名無しさん 2015年01月22日 18:53:45

    かわいそう。
    イジメって言葉が軽くて良くないよ。
    集団暴行。傷害罪。傷害致死罪。自殺示唆。恐喝。
    重き言葉を使えば軽々しくしないのでは。
  11. みう 2015年01月24日 21:50:31

    全然怖くないっす


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク