妹の部屋 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

妹の部屋


これは今から五年位前に実際に体験した話です。
当時、私は会社員で、妹は高校生でした。

その日、私は仕事から定時で帰宅し、
リビングに入ってすぐソファーに寝転がって漫画を読みはじめました。
まだ夕方で、夕日が沈む前だったので
電気はつけなくても充分明るかったのを覚えています。
しばらく漫画を読んでいたら何やら二階から、
「キャハハ」と笑い声が聞こえてきました。
何人かの話し声がします。

あぁ、また妹が友達連れて二階で遊んでるのか、と思って、
気にせず漫画に集中しようとしてたんだけど、だんだん二階で話が盛り上がってきたようで、笑い声がどんどん大きくなってきました。
あ~うるさいなぁ。
と思いながら気にしないように我慢していたんだけど、
やがて笑い声が「キャハハハハ」から、「ギャハハハハ!!」になり、
床をダンダン叩き出しました。
しまいには、笑い声が叫び声になってきて、
「ギャヤァアアアアアアアヴヴヴヴヴヴひひひひゥボォォオオオオオ!」
とか言いながら、リビングの天井の電気が揺れる位
ダン!ダン!ダン!ダン!って蹴りまくってる。
マキシマムザホルモンのデスボイスみたいな声がずっと響いてる。

これには私もムカついて
「はぁ?ありえない!うるさすぎて近所迷惑になるだろ」
と、さすがにキレて二階に文句言いに行くことにしました。
リビングから出て廊下を歩き、階段を登ろうとした時に、
ふ…と、おかしいことに気がつきました。

廊下の横に玄関があるのですが、
…あれ…?私の靴があるだけで…友達の靴どころか…
…妹の靴もない。
え?靴がない?
じゃあ、今、この家に居るのは私だけ…!?
えっ?じゃあ…さっきの笑い声は…?

と、そこまで気づいた時に、顔をあげてしまったまま金縛りになってしまいました。
さっきまでの笑い声が消えて、家の中は静まりかえっています。
目の前には、真っ暗な階段。
シーンとした二階は、暗くて何も見えない。
一気に恐怖が襲ってきて、怖くて早く逃げ出したいのに金縛りで動けずにいたら、二階の奥(妹の部屋の方)から、…ギギ…キィィィッ…と、扉を開ける微かな音がしました。
私はもう恐怖で体中から変な汗かいて、顎がガクガクしてた。
少ししてから、
…みしっ。………みしっ。
と、誰かが床を踏みしめながら歩いてきている音がしてきました。

階段のほうに、誰かくる…!

と思ったとき、がくんと力が抜け、パッと体が自由になり、
一目散に階段を離れてリビングに駆け込みました。
リビングに入ったら、すでに部屋が真っ暗になっていたのでびっくりした。
いつの間にか日が沈んでいたのです。

慌ててリビングの電気をつけて、テレビを大音量でかけて、
ソファーで丸まってぶるぶる震えながら、母の帰りを待ちました。
あの時、玄関の靴に気づかなかったら、一体二階で何をみてしまったのだろう…?
二階にいったい何が居たのだろう…?
(因みに、妹が帰宅してからこの話をしたら、妹に何故かキレられ、妹は二度と二階の部屋を使わなくなってしまいました。)




【引用元:
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?314

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年03月14日 19:13:03

    ホルモンのデスボイスでイメージしやすかったですが…
    あんな声かなりの音量で聞こえたらその時点で震えるわ(*TДT)
    しかも声とダンダンって音だけで
    なんかの曲みたいに演奏とかは聞こえなかったんでしょ?
    しかも照明揺れるぐらい足踏みらすとか滅茶苦茶怖い
  2. 怖い名無しさん 2014年03月14日 22:22:12

    いやいや、そんな怪現象あったら二階には行けないでしょ(笑)
    昼間に複数人で進入すれのがやっとかと。
  3. 怖い名無しさん 2014年03月15日 00:53:29

    妹にも心当たりがあったのかな
  4. 怖い名無しさん 2014年03月15日 08:36:34

    自宅の二階話し、たまに見かけるけど、怖いよね~身近すぎてさ。
  5. 怖い名無しさん 2014年03月15日 13:07:26

    最近、ネットなどで黒系の魔術をおまじないと称して紹介していたりするようで、魔物の召喚を安易におこなう若い子が増えているとのこと。

    安易に呼び込んだモノが、容易にコントロールデキルモノではナイ、と気づいた時には時すでに遅し、ということにもなりかねず心配されるところです。

    部屋を移ってなんとかなるレベルで済んで、良かったのかもしれません。

    焼き肉屋で「マキシムザホルモンいいよネ~!」と盛り上がってたら、
    聞いてた隣のテーブルのお客さんがマキシムザホルモンを店員に注文しようとして、

    店員の若いお兄ちゃんが「ぶほっ!」となっていたという話がありましたネ。

    人って間違ったり、勘違いもするものです。
    大事なことは、できるかぎりの早期の修正。周囲の人間の協力も大事ですネ
  6. 長くてごめんなさい 2015年01月22日 15:22:47

    怖面白かった!

    お姉さんの気持ちも分かるけど、それは妹さんもキレるよ。
    私もお友達と海外旅行に行った時、
    2泊目に私のベッドに「男の人が座って消えた」と言われキレたから(笑)
    当然、
    「ひどい(>_<)ここで寝ないといけない私の身になってよ〜」と怯え怒って
    もう一つのグループの部屋に避難しました。(友人も追いかけてきました)

    実はそこまで過敏になったのは
    1泊目の明け方猛烈な寒気で目が覚め
    パジャマの上に持ってきた服全部、靴下3枚、厚手ニット2枚、毛布、布団と
    かぶっても震えがとまらず不毛に夜を明かしたからです。人生初の霊体験?

    その後、私の後ろの天井に男がスッと流れ消えて行くのを見たと言う友人も出、
    さすがに一本キレた私は「それはホテルであって私には縁もゆかりも無い。外人に知り合いはいない!」と自分のベッドに戻り寝ました。
    最後の晩は何もなく無事帰国しました。
    今となってはオバケは縁がなくても遭遇するはずなのに何故そう開き直れたのか不思議です。
    多分、皆同じ顔のオバケを言っていて割とハンサムらしかったのと
    寒気はしたけど怖い感は全く感じなかったからでしょうか。
  7. 怖い名無しさん 2015年05月07日 23:52:58

    怖かった:(;゙゚'ω゚'):


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク