【百物語 第十八話】優雅な登山者 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

【百物語 第十八話】優雅な登山者


趣味が登山な為、山にまつわる話。
ちなみに怖い話とはまた少し違う話かも知れないので箸休め程度に。
また経験のない方には少々退屈な話かもしれない。
なるべく分かりやすく書くので、一緒に登るような気持ちで読んでくれると助かります。

大学2年の8月に北アルプス、奥穂高を登りに同じ学科の友達2人を連れ計3人で向かった。北アルプスの奥穂高岳は長野県に鎮座し、標高は3190m。確か日本に3000m超の山は9座しかなく(11座だっけ?)、その内の1つであり、槍ヶ岳と共に登山者の憧れの山である。2泊3日の登山計画を練り、上高地からアタックした。

新宿を朝7時半に出発するバスに乗り、昼に松本に着く。
テキトーに昼を済ませ、電車、続いてバスを乗り継ぎ上高地に14時に到着。
宿のある徳沢までおよそ2時間、合羽橋からの景色や自然を楽しみながら歩く。

ちなみに登山と言うのは早出早着が基本であり、朝まだ暗い内に出発することはあっても夜遅くまで登ることはまずあり得ない。
なのでこの日は徳沢で一泊することに。
徳沢にある徳沢園は料理も美味しくお風呂にも入れる為、登山者には嬉しい。

翌日はまだ日の出ていない4:30に出発し、横尾、本谷橋を経て涸沢に着くころには9時を回っていた(本谷橋で朝日を浴びながら岩の上で寝転ぶ休憩は格別だった)。
少し休憩を取ってここからが本番である。

涸沢小屋の横から登りが急になりゴツゴツした石をどこまでも登っていく。
景色にだいぶ救われるものの、はっきり言って疲れが一気に押し寄せる時間帯…8月になっても溶けない雪を横目にひたすら登る。
ある程度登ると今回の難所、ザイテングラートに着く。
ザイテングラートとは鎖場が続く急登で、大きな岩を登っていく。

途中途中で後ろを振り返ると登ってきた道、小さくなる涸沢小屋、そして雄大な山容に感動する…が、気を抜くと足を滑らせ大変なことに。事実、俺等の前に歩いていたグループの1人が救護ヘリにつり上げられ運ばれていった。現場には血痕も。

気を引き締め一歩ずつ進んでいくとようやく本日の宿、穂高岳山荘に到着!
途中すれ違う下山者にあとどのくらいで山荘に着くか尋ね、あと20分くらいだから頑張れと励まされるも山荘に着いたのは1時間半後だった(笑)

この山荘の前で驚くべき光景を目にした。
山荘から頂上までまだ少しあるのだが、俺等が山荘に着くと同時に頂上から降りてきた人を見かけた。しかし、その格好は驚きの一言である。

なんとピンクのカーディガン、スカートにハイヒール、手にはハンドバッグのみ…
THE!昼休みのOLなのだ。

これがいかに信じられないことか…ちょっとコンビニでお茶買ってくる~ノリで3190m登ってきたなんて、もはや狂気の沙汰である。
サザンの桑田はハワイ旅行に手ぶらで行った伝説を持つが、こっちもなかなか負けてない。
そのOLは山荘を通りすぎ俺たちが登ってきた道をそのまま下山していった…ハイヒールをコツコツと鳴らして。

山荘に着いたのは14時…今からハイヒールで下山して大丈夫なんだろうか…てか、ハイヒールでザイテングラート降りるって可能なのか…。
もはやどっから突っ込めば良いか分からなかったが、俺たちの中であのOLは忍者なんだと結論付け、伊賀か甲賀か聞き忘れたことに激しく後悔した。

ちなみに翌日はあいにくの嵐。
雨の中、上高地まで一気に降りたのだが雷が鳴り響き全身びしょ濡れ。
件のOLは無事下山出来たのであろうか。
その日、特別、遭難者が出た、怪我人が出たなどのニュースは無かった。



流行りのゴーストライターさん、投稿ありがとうございました

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年04月12日 08:36:56

    ええっ…!本当の生きてる人だったのかなあ?
  2. 怖い名無しさん 2014年04月12日 10:24:08

    ニュージーランドで山腹に隠れたようにあるホテルから出て、2時間くらい普段着(薄手のワンピ&サンダル)&幼児連れで山頂に向けて散歩していたら、山登りスタイルのカポーに出会ったので、挨拶したらすごい驚いた顔していてワロタ。w
  3. 怖い名無しさん 2014年04月12日 12:52:20

    長野県在住です。
    おそらく、自家用ヘリで来た、アッパークラスの方だと思います。
    最近、多いです。
  4. 流行りのゴーストライター 2014年04月13日 05:02:30

    たぶん生きてる人間だったと思いますよ。
    真っ昼間の出来事ですし。

    ん~降りていったってことは穂高岳山荘に泊まっていたわけではないと思われるので
    あそこから一番近い宿泊施設は涸沢小屋になるわけで。
    少なくともOLスタイルでザイテングラードを登り降りしたのは確かです。
    凄い人もいるもんだなぁと思いました。
    てか、これ怪談じゃないね(笑)

    そんなクラスがあるとは(´-ω-`)
    個人的には山にヘリで来て何が楽しいのかいまいち理解しかねますが…。
  5. あき 2014年04月13日 19:29:43

    謎のOLめっちゃ気になるー!!
    伊賀か甲賀か解りませんが
    くの一でしょうね…必然的に

    そして
    自分の経験も含めて
    人間離れした状況や神業見せられると
    何故忍者だよ絶対!って
    流になるんですかね?(笑)
    伊賀?甲賀?どっちかな?(笑)の件も…
    でもこれって大袈裟な話になるけど
    日本人特有のある一つの文化かも!?と私は秘かに思うのです
  6. 怖い名無しさん 2014年04月13日 21:23:02

    これが噂の『朝カツ』か・・・。

    「時間をいかに活用して充実した朝の時間を過ごすか」という軽スポーツ。

    登山してから会社に行く人とか居るらしいから、女の人は生きている人でヘリで来てそれから出社したんだね。

    いいなぁ。
  7. 怖い名無しさん 2014年04月14日 13:24:44

    とにかく頂上に行けたらいいんだよ、山頂の朝日を見たいんだよ、ということなんですかね。

    富士登山も、一合目から登らないと登山と認めない、ってこともないんでしょうし。

    行き来の時間はできるだけ短縮。
    われわれも、鈍行の旅は、よっぽどでないとしなくなりましたので、できる人はそうすればいいのかもしれませんね。

    OLスタイルってのが、かっこいいですネ。
  8. 流行りのゴーストライター 2014年04月15日 04:33:56

    まぁ、友達も一緒に居ましたし、自分しか見えなかった訳でもないですし、真っ昼間の出来事ですし、周りには他の登山者も居ましたからね。
    半分冗談で言ってたわけですが、この手の話って彼女が誰だか推測するのはナンセンスだと思うんですよね。
    もしかしたらVIPな人立ったかもしれないし、忍者なのかもしれないし、人間じゃないかもしれない…何かロマンがあって良いじゃないですか。
    欧米のように何でも名付けて解明しようとするのではなく、日本のようなあるがままにしとくと楽しめて良い気がします。
    なので、皆さんもぜひ思い思いの捉え方して下さい。
    特に正解もないんで_(^^;)ゞ
    ただ、ヒールは凄いと思います。登りは行けても降りはキツいでしょ…バランス崩れたらこけるどころか転げ落ちますからね。

    朝活だったんでしょうか。
    朝に3190m登ってたら昼にラーメン二郎食べても太らないと思います!笑
  9. 流行りのゴーストライター 2014年04月15日 04:43:24

    別に全然良いとは思いますよ。
    それぞれの旅にそれぞれの色がありますから。
    ただ、山は頂上が全てではないことを言いたかっただけです。
    登山を企画する時、目的を頂上にはしません。何でしょうね…頂上はただのview pointのようなもんです。
    景色が楽しめるただの通過点みたいな。それに麓からの景色は頂上よりよかったりしますし、途中で出会う人や自然や動物にも触れないと勿体ない気がするんですね。
    ただ高い景色が見たければ飛行機から雲の上眺める方が遥かに快適で綺麗かと_(^^;)ゞ笑

    だから、個人的には山は見て聞いて触って欲しいなぁと思っているわけです。
    何m登ったかなんてなんの自慢にもなりませんし。
  10. 流行りのゴーストライター 2014年04月15日 04:47:09

    ↑あっ、推測じゃなくて断定ね。
    推測は全然しておっけぃです!
    むしろそれが楽しみなので推測はして下さい。笑
  11. 怖い名無しさん 2014年04月24日 18:09:46

    それは妖怪!
  12. 怖い名無しさん 2014年05月05日 16:19:35

    どこかのサイトで、本格的な登山中に上だか横だかを見たら、赤いドレスの女が長い髪を振り乱しグランドピアノを弾いていたのを見たって読んだ。
    色々な意味で山って凄い所だよね。
  13. 怖い名無しさん 2014年05月23日 00:29:17

    山で女装、というジャンルもあるとか
  14. 怖い名無しさん 2014年06月16日 22:10:41

    朝カツもありです!
    くのいちもありです!

    でも個人的な妄想の中では御山主の姫神さまに変換されて読んでました。
    今どきのファッションをお勉強されて下界に遊びに行く途中だったりしたら、、、萌えますなあ。
  15. 怖い名無しさん 2014年07月01日 19:16:20

    グランドピアノって・・・アップライトならなんとかなりそうなものを・・・
    ならないかw
  16. 怖い名無しさん 2014年07月20日 11:29:32

    ちょうど何日か前に、似たような、その女性視点の昔ばなしを聞きましたよ。
    奥穂高ほどではないけれど、旅行中に(それとは知らず)それなりな規模の山に超軽装で登ってしまった話。
    ヒールでこそないけど、キュロットにパンプス、水筒すら持たず。
    もう数十年前の話だけど、「散歩程度で登れる山だ」と勘違いして連れて行った彼氏を未だに恨んでると言ってました。
    無事に帰って来られてよかったよ、ほんと。
  17. 怖い名無しさん 2014年08月16日 15:10:54

    アイエエエ!!ニンジャ!?ニンジャナンデ!?
  18. 怖い名無しさん 2014年08月22日 11:21:02

    伊賀か甲賀か…いやネン賀かも
  19. 俺の名前を言ってみろ 2014年08月31日 22:55:27

    18へ、ネン賀って、、、謹賀新年かよ!?
    もう忍者でも何でもないやんか。
    ちなみに俺の推察はその女の足の匂いは茹でたての空豆のような匂いだな。
    軽めのワキガで程よい香りを楽しめそうだ、舐めると口の中に香りが広がり
    ウォッカやバーボンのように強めの酒が合う。
    渋いでしょ?
  20. 怖い名無しさん 2014年09月14日 00:37:44

    あれはもう12年ほど前の3月のこと。
    北信のとあるスキー場の天辺に立って仲間と優雅に眺望を楽しんでいると、
    後方やや下方から「うお~っ!うお~っ!」とけたたましい叫び声が聞こえたので、
    「何じゃ、滑落か?雪崩か???」と振り向く俺等。
    がっ、そこには何と後方の林間コースを競技用のヘルメットにパン一姿の
    男がクラウチングを組んで滑り降りて行くのが見えました。 結構速かった。
    まあ、霊でも何でもなく競技部の罰ゲームだったんだろうが、この話を読んで
    久々に思い出しますた。
    スキー場でナースや狸の珍装は結構居るが、この手は初めてなもんで、
    可哀そうだと思いながら思わず吹いちまいました。 悪い奴ですなあ。
  21. 怖い名無しさん 2014年10月23日 00:45:01

    乗鞍はハイヒールでいけるかも
  22. 怖い名無しさん 2014年11月11日 01:44:51

    +紅茶片手に小型犬を散歩させてる女性が山頂に、って話がどっかのサイトにあったな。流行ってるんでしょうか。
  23. 名無しさん・・・・怖い 2015年09月15日 14:48:26

    天狗は一本歯の高下駄履いてるじゃん。ハイヒールの歩きづらさは似ている。
    天狗さまの仮の姿かも。


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク