「となりのトトロ」にまつわる都市伝説 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

「となりのトトロ」にまつわる都市伝説


スタジオジブリの人気アニメ「となりのトトロ」にまつわる都市伝説をまとめてみました


「となりのトトロ」は、1963年5月に埼玉県所沢市で実際に起きた、女子高生殺人事件「狭山事件」をモデルにしている、という説


狭山事件との関連性

・さつき(=皐月)、メイ(May)はどちらも5月を表しており、事件のあったのも5月
・事件のあった狭山市はトトロの舞台である所沢市の「となり」

・お母さんの入院していた七国山病院は、狭山丘陵にある病院がモデル。

・事件被害者には姉がおり、行方不明になった「妹」を必死に探している姿が目撃されている

・姉はショックから錯乱状態に陥り、事情聴取に対して「猫のお化けを見た」「大きな狸に会った」など証言していた


さつきとメイは死んでいた、という説

劇中からの分析

・「トトロ」の名前の由来は北欧の伝承に伝わるトロールで、邪悪な妖精または死神とも言われる

・子供にしか見えないという設定だが、カンタには見えなかった。またさつきは序盤には見えていない。しかしメイ失踪後、さつきがトトロに「メイのところに連れていって」と頼むと見えるようになった。これは死期が近い、もしくは死んだ人にしか見えないということ

・猫バスはあの世の乗り物で、メイのもとに連れて行ってほしいと頼み、あの世へと連れて行かれてしまった。その時、作中でのネコバスの行き先は「墓道」と表示されている

・さつきがメイを探す場面で描かれたお地蔵さんの一体に「メイ」と書かれた(見える傷)ものがあり、その後メイがお地蔵さんと並んで座っているシーンがある

・物語後半にかけてさつきとメイの影が薄くなっている

・終盤の病院のシーンでさつきとメイはお母さんに会っていない。さつきが無事にメイと合流したあとこの世の人間でなくなったので直接会えなかったため、窓辺にとうもろこしを置いていった

・またお母さんのセリフ「今、あの木のところで、さつきとメイが笑ったような気がした」は、生きた人間に対して向けた言葉としては不自然。またお父さんは気づかず、お母さんだけが気づいたのは死期が近づいていたから(モデルとなった病院は
末期患者や精神疾患の患者を収容する場所であったという話も

・エンドロールの家族が一緒にいるシーンで両親の顔が劇中よりも明らかに若い。つまりさつきとメイが生きていた過去の回想シーンといえる


実は悲しいストーリー、という説

劇中からの分析

・引っ越す前からさつきとメイは既になくなっていた。劇中でお父さんが書いていた本は死んだ娘たちの物語だった。さつきとメイがトトロと一緒に木の上でオカリナを吹くシーンにて、お父さんがチラリと木を見て満足気な表情で執筆しているのは、死んだ娘達がこうなれば良かったと思ったことを書いていたから



ちなみにスタジオジブリ側は公式に否定していますので
そういう話もあるんだなあ、と楽しむのがいいですね

いつものジブリ日記 2007年5月1日の記事
http://www.ghibli.jp/15diary/003717.html


参考動画




小さいお子さんに話して夢を奪わないようにしましょう笑






関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 名無し 2014年10月13日 09:30:43

    バス停で既にさつきはトトロが見えてただろ。馬鹿じゃねーの。
  2. 怖い名無しさん 2014年12月02日 20:17:39

    EDでサツキとメイがトトロの洋服きてるでしょ?

    物語開始以前まではトトロの存在を知らなかったから・・・

    都市伝説としては面白いけど少し不謹慎じゃない?



  3. まる 2015年04月16日 16:04:17

    こうやってありもしない噂が流れていくんだね…投稿者は別に悪くないが、この噂元の人間は実に不謹慎かつ歪んだ考え方しか出来ないんだね。ある意味可哀想な話だわ


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク