【百物語 第七十七話】そこにあるもの : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

【百物語 第七十七話】そこにあるもの


これは私が中学の頃(昭和50年代後半)に、実際に父が母に話しているところをそばで聞いていた話です。
出来事については本当かどうかはもちろん確認できません。話していたことは本当です。

父は内装業を営んでおり、当時は戸建て住宅もよく売れていた時代だったと思われます。
ある日、現場から帰ってきた父が、明日は「お払い」が入るから予定が変わったというようなことを母に告げていました。
最初、建前(上棟式)かなと思って聞いていました。建前がある日は仕出しの弁当や餅、お酒などを包んで持ち帰ってきていたので、そういう儀式があることは知っていました。
ところが話は違って、開発中のその地域全体のお払い?のようでした。
父の話から、既に内装工事ができる家もあれば、まだブルトーザーやショベルカーで土地を整備している場所もあるのだと認識できました。基礎工事というものかもしれません。

問題が出たのは土地を整備している方からのようで、掘ったり、埋めたり、ならしたり…
その中の、掘る作業で問題が出たようです。
ショベルカーや、そういった大きな重機で掘っていく段階で、「ある深さ」から全く掘れなくなったというのです。
子供心に「そこに何かあるからでは?」と思って聞いていました。硬く大きな岩盤があるとか、大きな木の根やそういうものです。

それでも重機で掘れないとなると相当なモノです。
作業員達はスコップ片手に調べに降りたそうです。そんなに深くはないのだと思います。

そこには確かに「何か」がありました。

それは、

人骨。人の骨だったそうです。

警察やそういう関係の人も来たようです。
それで、お払いというか供養みたいのをするという話でした。

…今思えば、「重機の力で掘れない」のではなく、突然エンジンが切れるとか、かからなくなるとか、そういう話なのかなと思っています。
いずれにせよ非科学的なので一切説明はつかないのですが、そういう話も実際にあるのかなぁと思っています。
工事現場から人骨や戦時中の不発弾が出てくること自体は珍しいことではないようですし。




かのんさん、投稿ありがとうございました

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 一太郎 2015年01月09日 03:14:35

    人骨が出るって普通じゃないよね、、てかそんないわくつきの土地に建てた家の住人の生活のほうが気になる

    昭和50年代後半に中学生って俺と歳近いかも、、ボソッ
  2. 怖い名無しさん 2015年01月14日 11:49:33

    非科学的も何も、掘っていて人骨が出てきたら、無視でもしない限り、警察の調べが終るまで掘っちゃダメでしょ^^;だから「掘れなくなった」となるのです。
    もっとも、土建屋から直接聞いた話では、人骨やら遺跡みな対な物が掘っていたりして出てきたりしても、ほぼ届けはしないそうな・・・。
  3. 怖い名無しさん 2015年01月18日 18:12:22

    昔、バイトで工事現場に居たとき、瓶に入った人骨が数体出てきた事がある。
    すぐに学術調査入った。工事1年ぐらい延期んなった。
  4. 怖い名無しさん 2015年02月05日 19:19:50

    それさ、墓の跡だね、しかもかなり古い墓だよ
  5. 怖い名無しさん 2015年08月01日 11:15:30

    たいがいは人骨や遺跡出てきても無視するけど、機材の故障が頻発して掘れない→お祓いって流れかな。
    いわくつきのお骨だったのかもね。


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク