あの日あの時あの場所で、太っている男性が : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

あの日あの時あの場所で、太っている男性が


17で結婚して、19歳の今生まれて6ヶ月の娘がいる
夫は貨物船の船員で、数ヶ月家に帰ってこない
世間はあわただしく何かと手伝いに呼び出されることが多いが、
今日はとりあえず1日何も予定は無い
天気も良いし、なんだかうきうきしてくる
「おにぎり持って、お散歩に行こうか」眠っている娘に声をかける
おかずはたいした物がないけれど、外で食べればおいしいよね

お弁当とお茶を持って、裏山を登る
夏の日差しを木々がさえぎってくれて、案外快適だ、
時々、山の斜面の畑でご近所さんが畑仕事をしている
「こんにちは~!!」大きな声で挨拶すると、
手を振って挨拶してくれる
でも、なにもしないでぶらぶらしてるのが解ったらちょっと気まずいから、
足早に上を目指す
今日は色々サボってのんびりするんだ

やっと目当ての頂上近くの野原に着いた
ここからだったら、すり鉢状の市外がはっきり見渡せる
谷の一番底では、川が流れていて、右手には港
水面がきらきらと光っている
ちょっと手前の足下にはさっき挨拶したご近所さんの畑や、
私の家も見える
「ちょっと早いけど、お弁当食べちゃおうか」

野原の端にある、2階建ての家ほどもある大岩の影で休んだ
日差しをさえぎってくれて涼しい
まずは娘にお乳をあげて、おにぎりにかぶりつく
やっぱり外の方がおいしいよ!
食べ終わって、幸せな気分に浸る
娘もお腹いっぱいになったのか、膝の上ですやすや眠っている


ふいに、背にしている岩の端から眼を射る白い閃光が走る
続いて轟音と暴風
いろんなものが体にたたきつけられる
訳も解らないまま、膝の上の娘に覆いかぶさり丸くなる
数分経ったのか、1時間ほど経ったのか…
そろそろと立ち上がる
お昼前なのに薄暗い
振り返ると、大岩が消えている
がっしりと大きくそびえていた大岩が、今では3メートルくらいに縮んでしまった?
まだ薄暗い、耳もおかしい
気がつくと、娘は日がついたように泣き叫んでいる
ごめんね、気がつかなくて…
おぼつかない足取りで、ついさっき街を見下ろした場所にたどり着く

何も無かった

おかしいおかしい
谷底がすべて灰色と黒に塗りつぶされ、煙と火がみえる
おかしいおかしい
足下の畑も灰色でさっきまでいた人たちが消えている
私の家も、建物自体がまるでもとから無かったかのように
ただの灰色の空間が広がっているだけだ
おかしいおかしい
ぜんぶきえてしまった
なにもない


1945年8月9日 午前11時2分



【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?226

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2013年12月22日 22:10:23

    なんともやりきれない…
    ただタイトルの意味が解らずにモヤモヤしています(笑)
  2. 怖い名無しさん 2013年12月23日 13:57:53

    原爆のコードネーム“ファットマン”のことじゃないかな。読み終えてやっと気づいたよ
  3. 怖い名無しさん 2013年12月24日 00:01:43

    コードネーム?の事を教えてくれた方ありがとうございます(*^人^)
    そう言う意味があったんですね!
    お恥ずかしながら無知なもので
    フットマンって別な呼び名?があったのも知りませんでした(/-\*)
    意味が解りなるほどなーと思いました
    ありがとう<(。_。*)>
  4. 怖い名無しさん 2013年12月24日 00:04:15

    間違いました(/-\*)
    フットマンではなくてファットマンでしたね
    フットマンなら足男になってしまいますねorz
    失礼しました(/-\*)
  5. 怖い名無しさん 2014年02月14日 04:00:20

    広島はリトルボーイ。ちなみに6日は広島、9日は長崎、6+9=15日は玉音放送。
  6. 怖い名無しさん 2014年05月27日 01:12:13

    火が日になってる
  7. 一年遅いけど 2014年07月22日 22:41:48

    投稿日時…
  8. 閲覧禁止の名無しさん 2014年08月23日 02:20:56

    想像することしかできないが、凄まじい喪失感に襲われそうだ。
    一瞬で消失したかのような我が街を見下ろしながら。
  9. 怖い名無しさん 2014年08月28日 14:51:01

    太平洋戦争末期、「貨物船の船員」はいないのでは?
    船は全て軍に取られ、船員なんて職業は無いのではないかと。
    「船員役の兵隊」かな?
    それに、子どもを抱えた若い女性が、「おにぎり」なんて超贅沢品を気安く食べられたのかしら?
    いいお話だとは思うけど、戦争に対してちょっと甘いように思えてしまいました。
    ごめんなさい。
  10. 怖い名無しさん 2014年10月12日 16:41:05

    おにぎり?創作乙
  11. Go beyond!! 2014年10月13日 16:21:53

    や っ と み つ け た
  12. 怖い名無しさん 2015年01月12日 17:03:20

    農村の人は普通に白米食べてたよ。
    食べ物無くて苦しんだのは畑を持たない都市部の人々。
    だから足元見られて、高価な着物や宝石と白米を交換したりしてたよ。
    子どもに安全と食料を与える為に疎開させたりね。


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク