ある大きな列車事故があった日の、朝に。 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

ある大きな列車事故があった日の、朝に。


いつものように駅のホームで電車を待っていた。
電車待ちの列に並んでいると、
後ろからトントンと肩を叩かれた。
振り返って見ると変な格好の人が
ニコニコしながらこっちを見てた。

その人、今時居ないような格好をしていた。
紳士服にシルクハット。見た感じは40~50歳ぐらいの男性だったが
でも、どう見ても変人に見える。
映画とかならまだしも、日常でこんな格好の人がいるハズない。

ヤバイなぁ・・・朝から変な人に捕まっちまったか・・・と内心思いながら
『僕に何か用ですか?』
と言ってみた。

「これが落ちてたんですが、あなたのではないかと思って。」
と言いながら、その人は手をグーの格好にしながら前にだした。

えっ・・・?自分が何か落としたのか・・・と思い
『あっ、すいません・・・』
と恐縮しながら自分はその人の手の下に自分の手を出した。

「今度は落とさないように。」

といいながらその人は手を離した。
『はい、すいま・・・あれっ?』
自分の手の中には何もなかった・・・。

意味が分からず
『あのっ・・・』
と言いいながら目の前をみたら
その人は消えていた。
自分の目の前では小太りの中年男性が新聞を読んでいた。

??幽霊??朝から幽霊か?
キツネに抓まれたような感じだった。

何なんだ・・・と思い前を向き直した。
「ズキンッ」
急に頭が痛くなった。
頭痛か?割れそうに痛い。
吐き気も催してきた。
うっ・・・ダメだ・・・。
電車の列から抜け出して、駅のトイレに駆け込んだ。
嘔吐した。
何故か分からないが急に気持ち悪くなった。
それから、しばらくトイレの個室に入っていた。
1時間後、ようやく体調が回復した。

トイレから出てみると辺りがどよめいていた。
何かあったのか?
駅員さんに聞いてみると
電車が事故を起こしたらとのこと。
列車に人が轢かれたんだろうと
そのときは思っていた。
でも、実際はもっと重大な列車事故が起こっていた。


尼崎列車脱線事故。


自分が乗ろうとしていた電車だった。

今でも、あの人が自分に手渡してくれたモノは
『命』だったんじゃないか思う。
でも・・・何故自分が助かったかは未だに謎。
普通の一般人だし。


【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part121

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 名無しの怖い話 2013年10月12日 23:16:07

    守護霊だったんじゃないですか?
  2. 怖い名無しさん 2014年05月02日 00:52:08

    命だな。「これ、落ちてましたよ」と言われて何かを渡されたのに、見えないのは仕方ない。貴方には霊感が無いから
  3. 怖い名無しさん 2014年10月12日 16:18:05

    守護霊だな
  4. 怖い名無しさん 2014年10月13日 19:34:03

    いや、命に関わることなら死神様じゃない?!死神様であってほしいな~ひゃっほい!?
  5. 怖い名無しさん 2015年03月01日 13:55:14

    シルクハットの男?
    関係無いかも知れない『全く意味がわかりません』
    を思い出した。確か、あれにもシルクハットの男がでていたような。
  6. チーム大谷 2017年01月27日 15:11:22

    スゲーな


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク