生放送中の自殺 : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

生放送中の自殺


1974年7月15日。アメリカのフロリダ州、ABC放送系列のサラソタ局では
「サンコースト・ダイジェスト」というニュース番組が生放送されていた。
画面はちょうど29歳の女性レポーターである、
クリスティーヌ・チュバックがしゃべっている場面であった。

放送の途中、クリスティーヌは
「ただいまから流血事件をカラー映像でお送りいたします。」
といったかと思うと、そばにあった机の引出しをあけ、
中から38口径のビストルを取り出した。

そして他の人があっと思う間もなく、
そのままピストルを自分の頭につきつけ、引き金を引いたのだ。
「バーン!」と、銃声が響き渡る。
突然画面が消え、しばらくして映画番組に切り替わった。
この時のテレビ局側の対応が、やらせではなく、
本物の自殺であることを物語っていた。

後に分かったことだが、この放送中の自殺の前、
彼女は知り合いに遺書を託していた。
その遺書の中には自分の自殺劇のニュースの原稿も書かれていたのだ。

「クリスティーヌ・チュバック記者は15日の朝、ニュース番組を生放送中に、
 その番組の中でビストル自殺を図りました。クリスティーヌ記者は、
 すぐにサラソタ記念病院に運ばれましたが、意識不明の重態です。」


実際は重態ではなく、14時間後に死亡した。



【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part51】

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2014年05月27日 01:18:59

    いや、それ……………ぁぁぁぁぁ、もう!危険なR18話もあるんだ、ここは
  2. 怖い名無しさん 2014年08月17日 14:31:14

    重態→重体

    厨房?工房?残念!
  3. 怖い名無しさん 2015年06月07日 09:37:26

    遺書の括りに重体と書いた辺り、生放送を利用して誰かに何かを訴えたかったのか、誰かに当て付けたかったのかな…と想像
  4. 怖い名無しさん 2015年08月26日 06:53:03

    重体になったらかなりの確率でそのまま死ぬでしょ
    ただ単に即死はしないだろうという予測で
    書いただけじゃないの
  5. 金平糖研究部 2016年03月20日 00:08:18

    死んだんかよ


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク