そういうことがあったらすぐに服を燃やせ : てら…こわす。~怖い話まとめちゃんねる~
怖い話まとめ☆てらこわす

そういうことがあったらすぐに服を燃やせ


俺の親父はキコリだ。
山で色々な変な現象にあうことは珍しいことではないらしい。
けど、一回俺が小さい時に、死ぬほど青ざめて帰ってきたことがあった。
そして困ったなぁ困ったなぁって、ずっと言ってた。
俺は気の強い親父が、何でこんなうろたえてるのか理解できなかったんだが…

親父はいつものように山でチェンソーで木を切っていたらしい。
仕事は一人でやっていた。
エンジンの音に混じって、頭の上から一瞬甲高い音が聞こえたらしい。
んで、すぐにエンジン切ったんだが、周りに人がいるわけでもない。
それもそのはずで、その親父の行ってた山は標高が高い所にあり、
人なんか誰も近づかない山。 針葉樹の森だった。
俺も一度そこに近寄ったことあるんだが、普通の森から、一気に空気が変わる。
なんというか、地面が寂しくなり、立木の種類が変わって、物凄い不気味なのだ。
んで、親父は気のせいだったと思ったら、再び頭の上から甲高い声が聞こえたらしい。
「今夜はご馳走だぞ!!生贄は用意してあるか」とか、そこだけ聞こえたらしい。
で、声の響いた方を見たが誰もいない。
しかも、上から聞こえてきたらしい。
さすがの親父もビビッて、パニックになったらしい。
親父は大声でさけんだんだって。俺はチェンソー持ってるぞ!!!とか。
でも、反応は無し。
なんというか、この世のものではない感じがしたらしい。

親父は仕事を切り上げて、帰ろうとして、
荷物を置いてあった川に戻ったらしいんだけど
そこで変なものがあることに気がついたらしい。
自分の持ってきた荷物の上にカエルとか虫とか鼠の死体が
山になって積まれていたんだって。
そんで、離れた所にももう一つ同じような山があって、
その山がどんどん小さくなってってたらしい。
それを見て俺の親父は直感でヤバイって感じたらしくて、
荷物そのままにして車あるとこまで走って逃げて、家に帰ってきたらしい。
で、途中でサルの群れにあったらしいんだけど、
なんか異様に皆がこっち見てたんだって。
サルは人きたら見るけど、逃げようともせずにじーーっと見てたから、
異様に感じたらしいんだけどその時は、そのまま家まで逃げ帰った。

で、家まで付いた時に異様な生臭さを感じて、もしや…と思い、
来ていた作業着の匂いをかいでみたら物凄く動物の尿の匂いがしたんだって。
親父は自分の親父…つまり俺の爺ちゃんからそういう話を聞いたことがあったらしく、
キコリの間で、そういうことがあったらすぐに服を燃やせって伝説があるらしい。
で、俺の親父はそれをすぐに燃やしてたんだ。

それから、その山の標高の高い所には行くことが出来なくなってた。
しかも、山に行くのに猟犬を毎回連れて行ってた。
正直、あの親父がこんなにビビるなんて相当なことだと思うわ。
でも、家の爺ちゃんはその場所で死んでたって後で聞かされて、理由が分かった。
爺ちゃんも同じものを見たらしい。
そして、その山は一応霊山として祭られてる山で、神社もあるんだが、
その神社には誰も人が近づかない。というか、近づけない場所にある。
けれど、全く荒れてないらしい。
俺は一度、大人になってからそこに行った事あるんだが、
石造りの門があって立派な神社だった。

これは俺が親父から聞いた中で一番怖い話で、ずっと忘れられん。
正直、俺の親父はこういう類の話が大嫌いなタイプだから、嘘だとは思えん。



【引用元:死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?part209

関連記事

~おすすめサイトの新着記事一覧~

この記事へのコメント

  1. 怖い名無しさん 2013年12月23日 01:47:20

    田舎の事はよくわからないが、
    霊山とされている山を持ってるの?
    霊山なのに木を切っていいの?

    自分の「霊山」という
    イメージとはかけ離れている。
  2. 怖い名無しさん 2014年02月11日 18:03:24

    祖父、父が営林局(森林管理局)勤務でした。霊山といえど、手入れをしないと山が荒れるので、伐採したりしますよ。
    ただ、霊山や寺社の木は売っても買い手がつかないから、お炊き上げするって言ってたような。
    山の神とか言って、決まった時期に仕事場などの関係者で、あちこちお参りなどもしていた記憶があります。
    私の住んでいた地域だけの風習でしょうか?



  3. タコポン 2014年07月21日 18:00:06

    このお話し、ヤバすぎですねぇ~…。
  4. 暴れ八着 2014年07月22日 00:51:03

    何処の山だか気になる・・・
  5. 怖い名無しさん 2017年05月28日 12:37:45

    山の神ですよね。恐らく。
    しかし山神様は回避の方法があったと思います。

    山で作業する人は入る前に、
    食事の時に山神様の到来を待つ(数分黙祷で良いと思います)。
    食事の一部を山神様に捧げる。
    その後、食事をする。
    捧げた後の食物は、山や庭などに撒きその他生物達の糧とする。

    これで加護が得られ、山では起こりがちの怪異から護って頂けるはずです。


お知らせ
最新記事
怖い話ランダムピックアップ

カテゴリ
タグ一覧
今週の人気記事ランキング
ブログパーツ
最新コメント
スポンサードリンク
サイト内検索
サイト内記事(ランダム)
Special Thanks
おすすめリンク集
逆アクセスランキング
月別アーカイブ
スポンサードリンク